株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

商品先物取引

ピックアップコンテンツ

  • 杉村太蔵氏&木村佳子氏 W講演
  • 岸博幸氏 講演
  • TOCOMリアルトレードコンテスト
商品先物取引コンサルティング(対面)取引
商品先物取引について 取扱銘柄
商品先物取引TOP

商品先物取引情報

商品市場情報

海外マーケット(シカゴコーンは続落し、6か月振りの安値に沈む)

シカゴコーンは続落し、6か月振りの安値に沈む

(NY貴金属)
23日のNY金は続伸し、一時1260.0ドルちょうどまで上伸する場面もみせた。NY金期近8月限は前日比7.0ドル高の1256.4ドル、NY白金期近7月限は同3.8ドル高の929.4ドル。
米長期金利の低下でドル安が進行し、また英国のEU離脱交渉に対する不透明さも買い材料になっていた。この不透明さがドル高・ユーロ安につながらず、結果的にNY金は二重の支援材料で続伸したことになる。1240ドル台での下値固めの様相をみせ、テクニカルな買いを誘って上伸を続けているが、来週は期末を意識して、利食い売りに上げ一服も。NYパラジウムは900ドルに対する警戒と足踏み状況から利食い売りが膨らみ、大幅安をみせている。

(WTI原油・NY石油製品・北海ブレント)
23日のWTI原油は狭いレンジ取引の中、小反発。WTI原油期近8月限は前日比0.27ドル高の43.01ドル、北海ブレント期近8月限は同0.32ドル高の45.54ドル。RBOBガソリン7月限は同0.04セント安の143.41セント、NYヒーティングオイル期近7月限は同0.01セント高の137.17セント。
ドル安もあり、WTI期近8月限で43.20ドルの高値を示現したが、前日の高値である43.32ドルを上抜けず。その後、43ドルを下回るなど、上値の重い展開をみせた。世界的な原油の供給過剰な状態が7月以降、一層深刻な状況になるとみられているため。7月から8月にかけてリビアとナイジェリアが一段と増産する意向を示しており、ロシアの輸出も拡大する見通しで、当然ながら、米国の原油も増産するとみられている。一方、世界的には不需要期でもあり、アジア地域での需要低迷も予想される中、需給バランスの悪化から戻り切れず。米国のガソリン需要の改善も支援材料に評価されず。米ベーカー・ヒューズが発表した23日現在の原油のリグ稼働数は前週比11基増で、23週連続で増加している。週末の売り材料にならなかったが、いつものパターン通り、週明けの圧迫要因に。

(CBOT大豆)
23日のCBOT大豆は期近高・新穀安となった。期近7月限は前日比1.50セント高の905.50セント、新穀11月限は同1.25セント安の912.00セント。
強気スプレッド(期近買い・新穀売り)が目立っていたが、米コーンベルトの生育に理想的な天候が予想される中、大豆の大豊作観測もあり、新穀限月の下ザヤの動きが模索されていたようだ。月末発表される作付面積はかなり弱い内容とみられていることも新穀売りにつながっていた。期近7月限はひとまず9ドル台を維持したものの、同じ月末に発表される全米在庫が弱い内容になるとみられているだけに、いずれ、9ドルを下回るとの声も少なくない。

(CBOTコーン)
23日のCBOTコーンは米コーンベルトの生育に理想的な天候を嫌気して続落している。期近7月限は前日比3.75セント安の359.00セント、新穀12月限は同4.00セント安の376.75セント。
期近7月限は3.60ドルを下回るなど、下げに歯止めかからず、今週に入って7%以上の大幅安を余儀なくされた。実に6か月振りの安値を示現した。週末から週明けにかけて米コーンベルトでは気温が低下し、ストレス軽減につながり、生育に良好な天候が期待されている。また、7月の重要な受粉の時期のホット&ドライ予報もなく、天候リスクを解消するファンドの整理売りが加速していた。週末要因の買い戻しで下げ幅を縮小したものの、週明け発表される作柄状況に対する警戒もあり、週明けの一段安も予想されている。

エクスプレスコメント(海外原油は大幅急落、WTI期近ベースで昨年12月以来の安値示現)

海外原油は大幅急落、WTI期近ベースで昨年12月以来の安値示現

WTI原油・NY石油製品・北海ブレント市況

 WTI・ブレントとも大幅安を強いられ、清算値決定にかけて失望売りが膨らみ、ストップロスの売りもヒットして下げ幅を大きくしていた。WTI期近4月限は50ドルに急接近し、ブレント期近5月限は53ドル割れもみせた。
注目の米EIAの在庫統計(下記参照)で、原油在庫は急増したものの、ガソリン在庫と中間留分在庫は揃って大幅に減少した。原油の増加幅以上に、石油製品在庫の減少幅が上回ったことで、WTIは戻りをみせ、52.92ドルの高値を示現した。しかし、その後の下げがほぼ一本調子で、WTIの51ドルを下回ってからの戻りはみられず、ストップロスの売りを伴って急落し、50.05ドルの安値を示現した。
当初、期近4月限の200日移動平均線である51.20ドルを下回ったあと、一目均衡表の雲の下限である51.05ドルの間で推移していたが、ここでも上値が重く、その後の失望売りのキッカケにもなった。
急落の主因は米国の原油増産である。原油が順調に増産が進展しており、前日発表された米EIAの月報での米国原油の増産予想が裏付けられることに。2017年の原油生産を前月の10万バレル増から33万バレル増の日量921万バレルに引き上げしていた。
OPECや非OPECの減産の足並みの乱れもあり、米国の原油増産によって減産がカバーされる可能性も指摘されている。
WTIは期近ベースで昨年12月7日以来の安値を示現したが、週末の米ベーカー・ヒューズの掘削リグ次第で、50ドル割れもみえてくる。

情報分析

・米EIAの週間石油在庫統計
米EIA(エネルギー情報局)は8日、3日現在の週間石油在庫統計を明らかにしている。
原油在庫は前週比820.9万バレル増(事前予想平均は190万バレル増)、ガソリン在庫は同655.5万バレル減(同140万バレル減)、中間留分在庫は同267.6万バレル減(同90万バレル減)、製油所稼働率は85.9%(同86.4%、前週86.0%)。WTI原油の認証在庫であるクッシング在庫は前週比86.7万バレル増。
前日、米API(石油協会)が発表した週間石油在庫統計で、原油在庫は前週比1160万バレル増、ガソリン在庫は同500万バレル増、中間留分在庫は同290万バレル減、クッシング在庫は同78.8万バレル増。
3日までの一週間の石油需要は日量平均で1990.0万バレル(前週1949.6万バレル、前年1986.4万バレル)、ガソリン需要は同926.8万バレル(前週868.6万バレル、前年941.1万バレル)、中間留分需要は同409.1万バレル(前381.3万バレル、前年370.6万バレル)。
原油生産は日量平均で908.8万バレル(前週903.2万バレル、前年907.8万バレル)、原油輸入は同815.0万バレル(前週759.8万バレル、前年804.8万バレル)。

東京石油製品・原油の相場見通し

 東京石油市場は大幅安へ。円安もあり、海外原油の大幅安ほどの急落には至っていないが、もともと、下げ渋りをみせていただけに、ここでも下げ渋ると一層、割高な値位置となる。
さて、原油先限は3万7000円割れもみせた。前日、WTI原油の200日移動平均線や一目均衡表の雲の下限である51.10ドル前後までの急落は予想されるとして、3万8000円割れも指摘していたが、それ以上の海外原油の急落は予想外だった。下げはひとまず一服するだろうが、NYダウの下落もあり、日経平均株安による円高次第で、東京はまた売られる可能性もある。

AMコメント(東京トウモロコシは急落)

東京トウモロコシは急落

(東京トウモロコシ)
23日の東京トウモロコシは大幅安。11時現在の期先7月限は前日比290円の2万1950円。
シカゴ大幅続落を受けて東京は急落。これまでのシカゴ急落に東京の反応はイマイチだったが、さすがに下げ渋りの反動もあり、2万2000円を下回った。シカゴは今週に入って7%近い急落をみせているが、東京はまだ2%台の下落にとどまっており、2万2000円割れは通過点とみるべき。週末から週明けの米コーンベルトの理想的な天候を踏まえると、来週は2万1500円を意識するとみる。

デイリーコメント(東京ゴムは波乱の展開)

東京ゴムは波乱の展開

(東京原油・石油製品)
23日の東京原油・石油製品は反発も、高値から値を消す。原油期先11月限は前日比480円高の3万1630円、ガソリン期先12月限は同400円高の4万4520円、灯油期先12月限は同400円高の4万5440円。
東京石油市場は反発している。海外市場の戻りを好感して夜間から出直りをみせていた。ただ、WTIが43ドル台回復も、その後、大きく値を消しており、東京市場も上げ幅を縮小している。日中取引では堅調地合いをみせていたが、やや強引な買いも目立っていた。WTIは43ドルに対する抵抗をみせていたが、東京では期待先行で買い進まれたとも考えられる。注目すべきは需要が改善したことでNYガソリンがさらに買い進まれるかどうかであり、夜間取引ではNYガソリンの動きからも目が離せない。
(東京貴金属)
23日の東京金は薄商いの中、小しっかり。金期先4月限は前日比7円高の4473円、白金期先4月限は同15円安の3325円。
東京金は狭いレンジの取引を強いられ、そのため商いは極めて低調だったが、日中取引ではひとまずしっかりした値動きだった。NY金は1250ドル台の動きをみせつつ、前日の高値である1256.0ドルには壁をみせていた。NY金は手がかり難の中、米長期金利の低下が支援材料になっている模様だが、新規材料は見当たらず、週末はボックス圏の動きが予想される。週明けには月末・期末を意識したファンドの動きに注目。
(東京ゴム)
23日の東京ゴムは波乱の展開をみせた。期先11月限は前日比0.2円安の189.3円。
夜間では期近限月の急落もあり、期先も売り直されて、日中取引ではその期近の下げ幅拡大で、期先も夜間の安値を更新した。しかし、186.1円から急ピッチに買い進まれ、12時半過ぎに先限は190円台を回復。まとまった買い煽りが台頭したためだが、期近の急落も解消されることに。先限は結果的に安値を切り上げており、底入れの様相も窺える。投げ一巡かた、期先の下げは限定的で、週明けも下押しも限られるとみられる。新甫12月限は27日に発会するが、それ以降、じっくり新規に仕掛けたいが、増産期だけに戻り売りが無難。
(東京トウモロコシ)
23日の東京トウモロコシはここでの下げ渋りの反動もあり、大幅安となった。期先7月限は前日比240円安の2万2000円。
シカゴコーンの大幅続落もあり、東京は夜間から一段安へ。夜間では相変わらず下げ渋りをみせていたが、売り叩きを浴びて、先限は2万2000円割れへ。シカゴは今週に入って7%近く急落しているため、2万2000円割れでも物足りない下げといえる。週末から週明けの生育に理想的な天候を加味すれば、シカゴの一段安必至で、週明けの東京一段安も避けられないだろう。東京の下げはまだまだ不十分とみるべき。
(東京米国産大豆)
23日の東京一般大豆はシカゴ大幅続落を受けて急落。期先6月限は前日比880円安の4万6500円。
東京一般大豆はようやく急落している。それまでのシカゴ急落に対する逆行高をみせ、かなり割高な値位置を形成していたが、シカゴの連日の大幅安を考慮して、急落した。ただ、シカゴ大豆は17カ月振りの安値を示現したことを加味すれば、期先の4万5000円割れでもおかしくはないとみる。その意味で、まだまだ下げ足りず。月末発表される作付面積と全米在庫を踏まえると、下げはこれから。

商品先物取引

対面取引について

フジトミのコンサルティング取引ではお客様専属の投資アドバイザーがワンランク上の資産運用のご提案を行っております。
専門知識をもったアドバイザーが個人では手に入れにくい情報の収集や分析を行い、お客様に提案させていただきます。
取引形態は、お客様のリスクを考え、一定の損失に達した場合に自動的に決済される「損失限定取引」(スマートCX)と、従来の証拠金取引である「通常取引」(SPAN証拠金)の2種類をご用意しました。 また、取引に必要な相場情報、チャートのテクニカル分析、ファンダメンタルズ情報をご活用いただくための本・支店用ツールもご用意しています。

2つの取引形態とお申込み方法

コンサルティング取引サービスでは、お客様の商品先物取引へのリスクに応じて2つの取引形態をご用意しています。
商品先物取引は初めてのお客様は、一定の損失に達した場合に自動的に決済される「損失限定取引」(スマートCX)をご利用ください。

また、積極的な運用をご希望のお客様は「通常取引」(スパン証拠金)の内容をご確認いただき、「通常取引(SPAN)の勧誘を申請します」からお申込ください。

ご利用可能な取引ツール

コンサルティング取引サービスに口座をお持ちのお客様がご利用いただける情報ツールです。取引に必要な情報の入手に是非ご活用ください。

初めての方にも使いやすい

「ポジション・トレーダーPRO」

商品、為替、東証一部上場銘柄など多市場のチャートを表示、また、テクニカル指標は38種類装備され、指標の加工にも対応! 各種テクニカルごとに発生する「買いシグナル・売りシグナル」はボタン1つで簡単に表示可能。
また、コンピュータが自動的に値動きを予測し、早い時期に注意を促す警告を含めわかりやすい言葉で解説。
相場が変化しそうな局面では、画面の色を変えてお知らするアラート機能つき!

新リアルタイム相場情報ツール

「FITS匠」

「FITS 匠」は、フルタイムリアルな情報ツールです!相場表やチャート・各種テクニカル分析や時事通信社発信のニュース及び市況、内部要因の閲覧も可能な相場情報ツールです。

2014年8月以前に取引を始めたお客様の「FITS匠」ログインのID/PASSは、事前に現ID/PASSのご変更についてご案内を差し上げている方を除きまして、以前のシステム(infoLive!!)でご利用頂いておりましたID/PASSでログインできます。

今日勝つための情報と戦略をアドバイス!

「有料マーケット情報」

日経CNBC、日本経済新聞等で活躍している業界歴20年のアナリストが、海外商品市場と株式・為替市場の動向、経済指標などを常にチェックし、国内商品市場の動きを銘柄別に分析。刻々と変化するマーケットに合わせ、新規の仕掛けや手じまいのタイミングといった投資戦略を毎朝4時から細かく配信!

「売買報告書の確認」

ウェブサイトから売買報告書を閲覧する方法を希望する旨をあらかじめ申出ていただいている場合は、「FITS」よりログインし、カレンダーから日付を指定すれば、売買報告書の確認が可能となります。

ピックアップコンテンツ

  • 杉村太蔵氏&木村佳子氏 W講演
  • 岸博幸氏 講演
  •