株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

マーケット情報

ピックアップコンテンツ

  • 杉村太蔵氏 講演 フジトミの日経225・NYダウ投資セミナー
  • 岸博幸氏 講演 日経225投資セミナー
マーケット情報

マーケット情報

経済カレンダー レート一覧

商品市場情報

海外マーケット(NY金は5営業日連続の上昇)

NY金は5営業日連続の上昇

(NY貴金属)
22日のNY金は5営業日連続で上昇し、1250ドル台に水準を切り上げている。NY金期近4月限は前日比3.2ドル高の1249.7ドル、NY白金期近4月限は同9.5ドル安の961.9ドル。
世界的な株安の流れを好感する格好でヘッジで買い進まれ、1250ドル台へ。1240ドルでの下値の固さもあり、1250ドル台示現も時間の問題とみられた。トランプ米政権の先行き不透明が高まっており、政治的リスクも買いを後押ししていたという。ロンドンでテロとみられる襲撃事件が発生したが、金相場への影響は限定的だった。1250ドル台に上伸したことで、いよいよ1268ドル台にある200日移動平均線を試す展開もみえてきたという。一方、白金は急落しており、金とかい離した値動きをみせている。金の上昇に対する連想買いにつながらず、実勢悪で上値の重い展開を嫌気して売り込まれたという。

(WTI原油・NY石油製品・北海ブレント)
22日のWTI原油は続落しているが、下げ幅を縮小している。WTI原油期近5月限は前日比0.20ドル安の48.04ドル、北海ブレント期近5月限は同0.32ドル安の50.64ドル。RBOBガソリン4月限は同0.33セント安の160.19セント、NYヒーティングオイル期近4月限は同0.65セント安の149.68セント。
米EIAの在庫統計で、原油在庫は前週比495.4万バレルも急増した。一方、ガソリン在庫は同281.1万バレル減、中間留分在庫は同191.0万バレル減となった。ただし、市場が予想していた石油製品在庫の減少幅が原油在庫の増加幅を上回るとのシナリオは崩れ、原油在庫の増加幅が上回ることに。原油在庫は過去の高水準をさらに更新しており、発表後のWTIは瞬間的な急落をみせ、47.01ドルの安値を示現した。しかし、アッサリ戻りをみせ、その後は48ドル台回復へ。知ったらしまいの動きをみせることに。26日に予定されているOPECと非OPECの監視委員会を警戒する動きをみせたともいえる。米国の原油生産は5週連続で増加しており、今後とも売り材料になるとみられている。

(CBOT大豆)
22日のCBOT大豆は反落し、期近5月限は再び終値ベースで10ドルを下回っている。期近5月限は前日比3.00セント安の998.50セント、新穀11月限は同0.50セント安の997.75セント。
前日よりも取引レンジを切り下げることになったが、弱気な作付意向面積に対する事前予想を嫌気した展開になったため。FCストーンは前日、事前予想として8730万エーカーを明らかにしている。年次農業フォーラムで示された水準は8800万エーカーで、これを下回っているものの、前年度実績の8343.3万エーカーを大きく上回る水準に変わりなく、市場として弱気な事前予想と評価していた。南米の荷圧迫も引き続き警戒され、反落へ。前日同様、値ごろ買いが支援材料になっていたが、月末の米農務省の各種発表を意識すれば、さらなる一段安は必至とみられる。

(CBOTコーン)
22日のCBOTコーンは続落し、安値更新を続けている。期近5月限は前日比3.00セント安の358.25セント、新穀12月限は同3.00セント安の381.50セント。
ブラジルの降雨がイールドのさらなる向上につながるとの見方もあるが、米コーンベルトでの降雨予想も作付前として理想的な天候と評価され、売り材料に。前日、FCストーンが発表した作付意向面積に対する事前予想は9160万エーカーで、2月の米年次農業フォーラムで米農務省が示した9000万エーカーを大きく上回ることに。これも売り材料になされていた。ブラジルでの食肉不正問題で、ブラジルからの鶏肉輸入の一部停止を実施する国が多くなっているが、シカゴ市場での売り材料とする動きはまだイマイチだった。

エクスプレスコメント(海外原油は大幅急落、WTI期近ベースで昨年12月以来の安値示現)

海外原油は大幅急落、WTI期近ベースで昨年12月以来の安値示現

WTI原油・NY石油製品・北海ブレント市況

 WTI・ブレントとも大幅安を強いられ、清算値決定にかけて失望売りが膨らみ、ストップロスの売りもヒットして下げ幅を大きくしていた。WTI期近4月限は50ドルに急接近し、ブレント期近5月限は53ドル割れもみせた。
注目の米EIAの在庫統計(下記参照)で、原油在庫は急増したものの、ガソリン在庫と中間留分在庫は揃って大幅に減少した。原油の増加幅以上に、石油製品在庫の減少幅が上回ったことで、WTIは戻りをみせ、52.92ドルの高値を示現した。しかし、その後の下げがほぼ一本調子で、WTIの51ドルを下回ってからの戻りはみられず、ストップロスの売りを伴って急落し、50.05ドルの安値を示現した。
当初、期近4月限の200日移動平均線である51.20ドルを下回ったあと、一目均衡表の雲の下限である51.05ドルの間で推移していたが、ここでも上値が重く、その後の失望売りのキッカケにもなった。
急落の主因は米国の原油増産である。原油が順調に増産が進展しており、前日発表された米EIAの月報での米国原油の増産予想が裏付けられることに。2017年の原油生産を前月の10万バレル増から33万バレル増の日量921万バレルに引き上げしていた。
OPECや非OPECの減産の足並みの乱れもあり、米国の原油増産によって減産がカバーされる可能性も指摘されている。
WTIは期近ベースで昨年12月7日以来の安値を示現したが、週末の米ベーカー・ヒューズの掘削リグ次第で、50ドル割れもみえてくる。

情報分析

・米EIAの週間石油在庫統計
米EIA(エネルギー情報局)は8日、3日現在の週間石油在庫統計を明らかにしている。
原油在庫は前週比820.9万バレル増(事前予想平均は190万バレル増)、ガソリン在庫は同655.5万バレル減(同140万バレル減)、中間留分在庫は同267.6万バレル減(同90万バレル減)、製油所稼働率は85.9%(同86.4%、前週86.0%)。WTI原油の認証在庫であるクッシング在庫は前週比86.7万バレル増。
前日、米API(石油協会)が発表した週間石油在庫統計で、原油在庫は前週比1160万バレル増、ガソリン在庫は同500万バレル増、中間留分在庫は同290万バレル減、クッシング在庫は同78.8万バレル増。
3日までの一週間の石油需要は日量平均で1990.0万バレル(前週1949.6万バレル、前年1986.4万バレル)、ガソリン需要は同926.8万バレル(前週868.6万バレル、前年941.1万バレル)、中間留分需要は同409.1万バレル(前381.3万バレル、前年370.6万バレル)。
原油生産は日量平均で908.8万バレル(前週903.2万バレル、前年907.8万バレル)、原油輸入は同815.0万バレル(前週759.8万バレル、前年804.8万バレル)。

東京石油製品・原油の相場見通し

 東京石油市場は大幅安へ。円安もあり、海外原油の大幅安ほどの急落には至っていないが、もともと、下げ渋りをみせていただけに、ここでも下げ渋ると一層、割高な値位置となる。
さて、原油先限は3万7000円割れもみせた。前日、WTI原油の200日移動平均線や一目均衡表の雲の下限である51.10ドル前後までの急落は予想されるとして、3万8000円割れも指摘していたが、それ以上の海外原油の急落は予想外だった。下げはひとまず一服するだろうが、NYダウの下落もあり、日経平均株安による円高次第で、東京はまた売られる可能性もある。

AMコメント(東京ゴムは大幅続落)

東京ゴムは大幅続落

(東京ゴム)
22日の東京ゴムは大幅続落。11時現在の期先8月限は前日比12.6円安の250.4円。
東京ゴムは大幅続落をみせ、10時半に先限は250円割れを果たした。上海ゴムの時間外安と円高進行が朝方の260円割れをみせ、10時に再開した上海ゴムの下げ幅拡大で、東京は急落へ。上海期近5月限の整理商いが急ピッチの下げをもたらしているが、在庫の増加傾向も売り材料に評価されているとみる。

デイリーコメント(東京石油市場は大幅安)

東京石油市場は大幅安

(東京原油・石油製品)
22日の東京原油・石油製品は海外原油急落と円高とのダブルパンチで急落。原油期先8月限は前日比1120円安の3万4570円、ガソリン期先9月限は同1120円安の4万8510円、灯油期先9月限は同1120円安の4万4210円。
海外原油の大幅続落と円高とのダブルパンチで東京石油市場は総じて急落している。前日は円高進行でも強引に買い進まれ、下げ渋りをみせていたことを踏まえると、夜間での下げは物足りなかったともいえる。朝方発表した米APIの石油在庫統計で、原油在庫は前週比450万バレル増となったが、ガソリン在庫が同490万バレル減となったことで、市場の反応はイマイチ。WTI期近5月限は48ドル台を維持する動きをみせた。ただ、朝方の円高もあり、東京は夜間の安値更新をみせた。その後、円高が一服したこともあり、下げ幅縮小へ。原油先限の1000円安には至らず。目先は米EIAの石油在庫統計に注目すべきだが、米国の原油在庫が過去最高を更新するか、そして原油生産が5週連続で増加するかがポイントになるとみる。15時前にWTIは48ドルを下回ったこともあり、東京原油先限は1000円以上の下げをみせている。
(東京貴金属)
22日の東京金はNY金急伸もあり、反発。金期先2月限は前日比11円高の4453円、白金期先2月限は同4円安の3569円。
NYダウの急落もあり、リスクヘッジとしてNY金が買い進まれ、1240ドル台を示現し、東京金はまた買い直されている。一段の円高を吸収するNY金の急伸だった。再開後のNY金は1246.9ドルまで買い直されたが、前日の高値である1247.7ドルを上抜けず。このため、東京金は4460円を日中取引では壁にする動きをみせたが、一方で4450円台を維持し、狭いレンジで推移していた。目先がNY金の調整安も予想されるが、強調地合いを期待して押し目買いスタンスは堅持すべきとみる。
(東京ゴム)
22日の東京ゴムは円高と上海安を受けて続急落。期先8月限は前日比14.0円安の249.0円。
時間外の上海ゴムの一段安と円高進行もあり、東京は朝方から260円を割り込み、260円を壁にした動きをみせていた。10時に再開した上海ゴムの急落を嫌気して東京は下げ幅を拡大し、10時半に250円を下回った。上海ゴムは期近5月限の整理商いが影響したとみる。上海ゴム在庫の増加傾向もあり、上海市場の整理商いが加速したようだ。引き続き、上海ゴムの動向から目が離せない。
(東京トウモロコシ)
22日の東京トウモロコシは急落し、2万2000円割れへ。期先3月限は前日比240円安の2万1840円。
シカゴ続落と一段の円高を受けて東京トウモロコシは続落し、2万2000円を下回った。朝方は戻りをみせ、2万1980円で始まり、2万1990円まで切り返したが、その後、円高進行もあり、売り直された。再開したシカゴの続落もあり、夜間の安値を更新し、2万1800円割れをみせた。前日、急落したこともあり、売られ過ぎ警戒もあるが、日本政府がブラジル産鶏肉の輸入一部禁止を実施したことから、今後ともブラジルの食肉不正の動向に注視。世界最大のブロイラー輸出国だけに、飼料用から輸出用にシフトする可能性も十分考えられ、シカゴの圧迫要因になり続ける可能性も。
(東京米国産大豆)
22日の東京一般大豆は弱材料に反応せず、マチマチ。期先2月限は前日比470円安の4万8580円。
夜間で再び先限は4万9000円を下回った。一時急落も、早々、下げ幅を縮小するなど、下げ渋りは相変わらず。ここまで弱材料に反応薄の様相は売り方不在が影響しているが、南米の荷圧迫はこれからが本番を迎えるだけに、下げ渋りの反動安はこれからで、4万8000円も意識すべき。

株式・FX市場情報

動画コンテンツ

東京金はNY金の急伸を好感して反発

  • 2017/03/22
  • 本日の商品先物市場
  • オンライントレード

商品市場情報

海外マーケット(NY金は5営業日連続の上昇)

NY金は5営業日連続の上昇

(NY貴金属)
22日のNY金は5営業日連続で上昇し、1250ドル台に水準を切り上げている。NY金期近4月限は前日比3.2ドル高の1249.7ドル、NY白金期近4月限は同9.5ドル安の961.9ドル。
世界的な株安の流れを好感する格好でヘッジで買い進まれ、1250ドル台へ。1240ドルでの下値の固さもあり、1250ドル台示現も時間の問題とみられた。トランプ米政権の先行き不透明が高まっており、政治的リスクも買いを後押ししていたという。ロンドンでテロとみられる襲撃事件が発生したが、金相場への影響は限定的だった。1250ドル台に上伸したことで、いよいよ1268ドル台にある200日移動平均線を試す展開もみえてきたという。一方、白金は急落しており、金とかい離した値動きをみせている。金の上昇に対する連想買いにつながらず、実勢悪で上値の重い展開を嫌気して売り込まれたという。

(WTI原油・NY石油製品・北海ブレント)
22日のWTI原油は続落しているが、下げ幅を縮小している。WTI原油期近5月限は前日比0.20ドル安の48.04ドル、北海ブレント期近5月限は同0.32ドル安の50.64ドル。RBOBガソリン4月限は同0.33セント安の160.19セント、NYヒーティングオイル期近4月限は同0.65セント安の149.68セント。
米EIAの在庫統計で、原油在庫は前週比495.4万バレルも急増した。一方、ガソリン在庫は同281.1万バレル減、中間留分在庫は同191.0万バレル減となった。ただし、市場が予想していた石油製品在庫の減少幅が原油在庫の増加幅を上回るとのシナリオは崩れ、原油在庫の増加幅が上回ることに。原油在庫は過去の高水準をさらに更新しており、発表後のWTIは瞬間的な急落をみせ、47.01ドルの安値を示現した。しかし、アッサリ戻りをみせ、その後は48ドル台回復へ。知ったらしまいの動きをみせることに。26日に予定されているOPECと非OPECの監視委員会を警戒する動きをみせたともいえる。米国の原油生産は5週連続で増加しており、今後とも売り材料になるとみられている。

(CBOT大豆)
22日のCBOT大豆は反落し、期近5月限は再び終値ベースで10ドルを下回っている。期近5月限は前日比3.00セント安の998.50セント、新穀11月限は同0.50セント安の997.75セント。
前日よりも取引レンジを切り下げることになったが、弱気な作付意向面積に対する事前予想を嫌気した展開になったため。FCストーンは前日、事前予想として8730万エーカーを明らかにしている。年次農業フォーラムで示された水準は8800万エーカーで、これを下回っているものの、前年度実績の8343.3万エーカーを大きく上回る水準に変わりなく、市場として弱気な事前予想と評価していた。南米の荷圧迫も引き続き警戒され、反落へ。前日同様、値ごろ買いが支援材料になっていたが、月末の米農務省の各種発表を意識すれば、さらなる一段安は必至とみられる。

(CBOTコーン)
22日のCBOTコーンは続落し、安値更新を続けている。期近5月限は前日比3.00セント安の358.25セント、新穀12月限は同3.00セント安の381.50セント。
ブラジルの降雨がイールドのさらなる向上につながるとの見方もあるが、米コーンベルトでの降雨予想も作付前として理想的な天候と評価され、売り材料に。前日、FCストーンが発表した作付意向面積に対する事前予想は9160万エーカーで、2月の米年次農業フォーラムで米農務省が示した9000万エーカーを大きく上回ることに。これも売り材料になされていた。ブラジルでの食肉不正問題で、ブラジルからの鶏肉輸入の一部停止を実施する国が多くなっているが、シカゴ市場での売り材料とする動きはまだイマイチだった。

エクスプレスコメント(海外原油は大幅急落、WTI期近ベースで昨年12月以来の安値示現)

海外原油は大幅急落、WTI期近ベースで昨年12月以来の安値示現

WTI原油・NY石油製品・北海ブレント市況

 WTI・ブレントとも大幅安を強いられ、清算値決定にかけて失望売りが膨らみ、ストップロスの売りもヒットして下げ幅を大きくしていた。WTI期近4月限は50ドルに急接近し、ブレント期近5月限は53ドル割れもみせた。
注目の米EIAの在庫統計(下記参照)で、原油在庫は急増したものの、ガソリン在庫と中間留分在庫は揃って大幅に減少した。原油の増加幅以上に、石油製品在庫の減少幅が上回ったことで、WTIは戻りをみせ、52.92ドルの高値を示現した。しかし、その後の下げがほぼ一本調子で、WTIの51ドルを下回ってからの戻りはみられず、ストップロスの売りを伴って急落し、50.05ドルの安値を示現した。
当初、期近4月限の200日移動平均線である51.20ドルを下回ったあと、一目均衡表の雲の下限である51.05ドルの間で推移していたが、ここでも上値が重く、その後の失望売りのキッカケにもなった。
急落の主因は米国の原油増産である。原油が順調に増産が進展しており、前日発表された米EIAの月報での米国原油の増産予想が裏付けられることに。2017年の原油生産を前月の10万バレル増から33万バレル増の日量921万バレルに引き上げしていた。
OPECや非OPECの減産の足並みの乱れもあり、米国の原油増産によって減産がカバーされる可能性も指摘されている。
WTIは期近ベースで昨年12月7日以来の安値を示現したが、週末の米ベーカー・ヒューズの掘削リグ次第で、50ドル割れもみえてくる。

情報分析

・米EIAの週間石油在庫統計
米EIA(エネルギー情報局)は8日、3日現在の週間石油在庫統計を明らかにしている。
原油在庫は前週比820.9万バレル増(事前予想平均は190万バレル増)、ガソリン在庫は同655.5万バレル減(同140万バレル減)、中間留分在庫は同267.6万バレル減(同90万バレル減)、製油所稼働率は85.9%(同86.4%、前週86.0%)。WTI原油の認証在庫であるクッシング在庫は前週比86.7万バレル増。
前日、米API(石油協会)が発表した週間石油在庫統計で、原油在庫は前週比1160万バレル増、ガソリン在庫は同500万バレル増、中間留分在庫は同290万バレル減、クッシング在庫は同78.8万バレル増。
3日までの一週間の石油需要は日量平均で1990.0万バレル(前週1949.6万バレル、前年1986.4万バレル)、ガソリン需要は同926.8万バレル(前週868.6万バレル、前年941.1万バレル)、中間留分需要は同409.1万バレル(前381.3万バレル、前年370.6万バレル)。
原油生産は日量平均で908.8万バレル(前週903.2万バレル、前年907.8万バレル)、原油輸入は同815.0万バレル(前週759.8万バレル、前年804.8万バレル)。

東京石油製品・原油の相場見通し

 東京石油市場は大幅安へ。円安もあり、海外原油の大幅安ほどの急落には至っていないが、もともと、下げ渋りをみせていただけに、ここでも下げ渋ると一層、割高な値位置となる。
さて、原油先限は3万7000円割れもみせた。前日、WTI原油の200日移動平均線や一目均衡表の雲の下限である51.10ドル前後までの急落は予想されるとして、3万8000円割れも指摘していたが、それ以上の海外原油の急落は予想外だった。下げはひとまず一服するだろうが、NYダウの下落もあり、日経平均株安による円高次第で、東京はまた売られる可能性もある。

AMコメント(東京ゴムは大幅続落)

東京ゴムは大幅続落

(東京ゴム)
22日の東京ゴムは大幅続落。11時現在の期先8月限は前日比12.6円安の250.4円。
東京ゴムは大幅続落をみせ、10時半に先限は250円割れを果たした。上海ゴムの時間外安と円高進行が朝方の260円割れをみせ、10時に再開した上海ゴムの下げ幅拡大で、東京は急落へ。上海期近5月限の整理商いが急ピッチの下げをもたらしているが、在庫の増加傾向も売り材料に評価されているとみる。

デイリーコメント(東京石油市場は大幅安)

東京石油市場は大幅安

(東京原油・石油製品)
22日の東京原油・石油製品は海外原油急落と円高とのダブルパンチで急落。原油期先8月限は前日比1120円安の3万4570円、ガソリン期先9月限は同1120円安の4万8510円、灯油期先9月限は同1120円安の4万4210円。
海外原油の大幅続落と円高とのダブルパンチで東京石油市場は総じて急落している。前日は円高進行でも強引に買い進まれ、下げ渋りをみせていたことを踏まえると、夜間での下げは物足りなかったともいえる。朝方発表した米APIの石油在庫統計で、原油在庫は前週比450万バレル増となったが、ガソリン在庫が同490万バレル減となったことで、市場の反応はイマイチ。WTI期近5月限は48ドル台を維持する動きをみせた。ただ、朝方の円高もあり、東京は夜間の安値更新をみせた。その後、円高が一服したこともあり、下げ幅縮小へ。原油先限の1000円安には至らず。目先は米EIAの石油在庫統計に注目すべきだが、米国の原油在庫が過去最高を更新するか、そして原油生産が5週連続で増加するかがポイントになるとみる。15時前にWTIは48ドルを下回ったこともあり、東京原油先限は1000円以上の下げをみせている。
(東京貴金属)
22日の東京金はNY金急伸もあり、反発。金期先2月限は前日比11円高の4453円、白金期先2月限は同4円安の3569円。
NYダウの急落もあり、リスクヘッジとしてNY金が買い進まれ、1240ドル台を示現し、東京金はまた買い直されている。一段の円高を吸収するNY金の急伸だった。再開後のNY金は1246.9ドルまで買い直されたが、前日の高値である1247.7ドルを上抜けず。このため、東京金は4460円を日中取引では壁にする動きをみせたが、一方で4450円台を維持し、狭いレンジで推移していた。目先がNY金の調整安も予想されるが、強調地合いを期待して押し目買いスタンスは堅持すべきとみる。
(東京ゴム)
22日の東京ゴムは円高と上海安を受けて続急落。期先8月限は前日比14.0円安の249.0円。
時間外の上海ゴムの一段安と円高進行もあり、東京は朝方から260円を割り込み、260円を壁にした動きをみせていた。10時に再開した上海ゴムの急落を嫌気して東京は下げ幅を拡大し、10時半に250円を下回った。上海ゴムは期近5月限の整理商いが影響したとみる。上海ゴム在庫の増加傾向もあり、上海市場の整理商いが加速したようだ。引き続き、上海ゴムの動向から目が離せない。
(東京トウモロコシ)
22日の東京トウモロコシは急落し、2万2000円割れへ。期先3月限は前日比240円安の2万1840円。
シカゴ続落と一段の円高を受けて東京トウモロコシは続落し、2万2000円を下回った。朝方は戻りをみせ、2万1980円で始まり、2万1990円まで切り返したが、その後、円高進行もあり、売り直された。再開したシカゴの続落もあり、夜間の安値を更新し、2万1800円割れをみせた。前日、急落したこともあり、売られ過ぎ警戒もあるが、日本政府がブラジル産鶏肉の輸入一部禁止を実施したことから、今後ともブラジルの食肉不正の動向に注視。世界最大のブロイラー輸出国だけに、飼料用から輸出用にシフトする可能性も十分考えられ、シカゴの圧迫要因になり続ける可能性も。
(東京米国産大豆)
22日の東京一般大豆は弱材料に反応せず、マチマチ。期先2月限は前日比470円安の4万8580円。
夜間で再び先限は4万9000円を下回った。一時急落も、早々、下げ幅を縮小するなど、下げ渋りは相変わらず。ここまで弱材料に反応薄の様相は売り方不在が影響しているが、南米の荷圧迫はこれからが本番を迎えるだけに、下げ渋りの反動安はこれからで、4万8000円も意識すべき。

株式・FX市場情報

動画コンテンツ

東京金はNY金の急伸を好感して反発

  • 2017/03/22
  • 本日の商品先物市場
  • オンライントレード

東京金は円高やNY金の値崩れを嫌気して下落

  • 2017/03/21
  • 本日の商品先物市場
  • オンライントレード

東京金はNY金の上げ一服と円高で上げ幅縮小

  • 2017/03/17
  • 本日の商品先物市場
  • オンライントレード

需給・各国経済指標

商品全体、貴金属、エネルギー、ゴム、穀物、経済・為替の各種需給・各国経済指標はPC版サイトでご覧になれます。
PCからご覧くださいませ。

需給・各国経済指標

ゴム

2017/03/22 FUJITOMI

  • 2017/03/22
  • FUJITOMI

ゴム

貴金属

2017/03/22 FUJITOMI

  • 2017/03/22
  • FUJITOMI

貴金属

穀物

2017/03/14 FUJITOMI

  • 2017/03/14
  • FUJITOMI

穀物

スタッフブログ

小次郎レポート