株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

商品先物取引を始めるにあたって

ピックアップコンテンツ

  • 岸博幸と学ぶ「日経平均とNYダウの投資法」
投資サービス事業TOP

商品先物取引を始めるにあたって

『契約締結前交付書面』はもうお読みですか。お取引を始める前に、必ず読んでおいてください。当社の社員が繰り返し説明していることと思いますが、ご自身の目で何度も読んで確かめてください。
以下は、お取引を始めるに当たって、特にお客様に承知しておいていただきたい事項の一部を要約したものですので、是非、ご一読ください。

商品先物取引は、ハイリスク・ハイリターンの取引です。

商品先物取引は、元本は保証されません。お預りした資金以上の損失となることもある取引です。この取引の妙味は、商品相場の動向によっては、預けた資金が預金や貯金とは比較にならないほどの利益を生む可能性があるところですが、一方、損失もそれと同様に高額になる可能性がある取引です。
したがって、お取引は、生活に必要な資金は除いて、余裕のある資金で行なってください。また、お取引が始まった後も、万一損失となって失っても生活に支障がないように、常に注意を払ってください。

商品先物取引は期限のある取引です。

商品先物取引は、資産運用手段の一つですが、株式取引や預貯金等とは異なり、商品の売買を基礎にした取引ですので、一定の期限が来ると取引の対象である品物を受け取ったりその代金を支払ったりしなければなりません。資産運用として活用しているお客様にとっては、通常、品物を取り扱えませんので、期限が来る前に、転売又は買戻しによって決済しなければなりません。
株式取引のように何時までも株を保有したり、預金のように銀行に預けっぱなしという訳にはまいりません。お客様は、予めこのことに注意して、取引に参加してください。

お取引は、お客様ご自身の責任と判断で行なってください。

外務員の意見はあくまで参考意見です。お客様のお取引ですので、必ずご自身の判断で取引を行なってください。その結果、万一損失となった場合はお客様の負担となります。
また、お客様が外務員にお取引を一任するのは法律で禁止されています。外務員が「私に任せてください」などと言ってきたり、お客様の指示を守らないようなら、すぐに下記までご連絡ください。

取引の状況をいつも確認してください。

『売買報告書及び売買計算書』や『残高照合通知書』など、当社がお送りしております書面は、必ず目を通して確認してください。
分からないことや疑問があれば、すぐに下記までご連絡ください。また、それらを紛失しないように一まとめにして保存しておいてください。

※商品の価格は、日本経済新聞の朝刊、夕刊に掲載されています。また、当社のホームページでも確かめることができます。

新たな証拠金が必要となった場合にどうするかを予め決めておいてください。

新たな証拠金が必要となった時点で取引を止めるか、続けるか。続ける場合もどこまで(いくらまで)か、余裕資金の範囲に注意して、おおよその方針を予め決めておいてください。

お取引を始めるに当たってご不明な点がございましたらこちらまでご連絡ください。

本社営業部 0120-241-337
大阪支店 0120-84-8740

ピックアップコンテンツ

  •