フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日米金融政策決定会合や決算発表を前にポジションを傾けられず

  • 2016/07/25
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 日経平均株価は小幅に下落し、前週末比6円96銭(0.04%)安の1万6620円29銭で取引を終了した。主要企業の決算発表や日米の金融政策決定会合を前にポジション取りをする動きは限定的となった。朝方の日経平均株価は上げ幅を150円超まで拡大したものの、円高傾向が嫌気され利益確定売りが先行した。任天堂株の急落の影響でその他製品株が大幅安となり、情報・通信や食料品などディフェンシブ株、海運株も軟調に推移した。社会的な現象となった「ポケモンGO」の任天堂は22日にこのゲームの業績への影響は限定的と発表し、制限値幅の下限(ストップ安水準)まで下落して終えた。
 JPX日経インデックス400は小反発し、前週末比6.57ポイント(0.06%)高の1万1921.16で取引を終了した。TOPIXは小幅続落となり、終値は前週末比2.15ポイント(0.16%)安の1325.36で終えた。東証1部の売買代金は2兆314億円、売買高は16億8540万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は697、値上がり銘柄数は1166、変わらずは105銘柄だった。
 

場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー