フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 米経済指標結果に振れる展開!

  • 2022/05/18
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場序盤の取引では、欧州主要株価指数が全面高で推移する中、全面的にリスク選好におけるドル安・円安が進展し、クロス円が堅調に推移した。NYダウ先物も300ドル超の大幅高で推移する中、リスク許容度の改善を受けた円安が一段と進行した。米長期金利の上昇にともないドル買いが先行し129.56円前後まで上昇したが、金利上昇一服後は欧州通貨買いをきっかけにドル売りが優勢になった。売り一巡から小幅持ち直しで様子見ムードが意識された。

 

4月米小売売上高は市場予想通りの結果となったが、自動車を除く数値が予想を上回ったほか、いずれも前月分を大幅に上方修正された結果を受け米金利の上昇とともにドル買いが強まった。4月米鉱工業生産指数が予想を上回ったことで一時129.78円と日通し高値を付けたが、5月NAHB住宅指数が予想を下回りとドルは急落した。米長期金利が再び上昇基調となったことを頼りに下値を切り上げた。金融正常化に向けて意欲的なパウエル米FRB議長の発言が伝わり一時129.45円まで上昇したが、その後は129.30円台を中心にもみ合い相場となった。

 

★欧米主要経済指標

・ユーロ圏・1-3月期GDP改定値:前年比+5.1%(予想:+5.0%、速報値:+5.0%)
・ユーロ圏・1-3月期GDP改定値:前期比+0.3%(予想:+0.2%、速報値:+0.2%)

 

・米・4月小売売上高:前月比+0.9%(予想:+1.0%、3月:+1.4%←+0.7%)
・米・4月小売売上高(自動車除く):前月比+0.6%(予想:+0.4%、3月:+2.1%←+1.4%)
・米・4月小売売上高(自動車・建材除く):前月比+1.0%(予想:+0.7%、3月:+1.1%←‐0.1%)
・米・4月鉱工業生産:前月比+1.1%(予想:+0.5%、3月:+0.9%)
・米・4月設備稼働率:79.0%(予想:78.6%、3月:78.2%←78.3%)
・米・5月NAHB住宅市場指数:69(予想:75、4月:77)
・米・3月企業在庫:前月比+2.0%(予想:+1.9%、2月:+1.8%←+1.5%)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は129.07-78円のレンジ

・ECBの大幅利上げ観測が高まりユーロ買い

・4月米小売売上高の結果が好感されドル買い優勢

・5月NAHB住宅市場指数が予想を下回るとドル売り

・パウエル米FRB議長のタカ派発言も反応は限定的

・VIX指数は27.47から26.10へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー