フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日経225ではエンベロープ+1%を上抜け出来るかがポイント!

  • 2022/02/10
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★エンベロープ(移動平均線かい離率バンド)は、移動平均線に対して一定のかい離を持つ伴線を引いてバンド(帯域)を表示したものである。

日経225の25日SMA(茶線)エンベロープ±1%、±3%、±6%、±10%の伴線を引いた。

1月27日には一時―7.40%までかい離したが、戻り基調となり現在は25日SMA(茶線)を上抜けしてきていおり、上値トライの動きになっている。

似たような展開では、昨年10月6日も-6.81%まで下落したところから持ち直す展開になった。その際は、一旦-3%ライン近辺で上値が抑えられる一方で、上抜けした後は25日SMA近辺でもみ合う展開になった。そして、その後は25日SMAの+1%処が一旦の上値目処として意識された。しかし、+1%を上抜けすると+3%超まで上昇する展開になった。

昨年12月2日には-4.94%まで低下した音は-1.0%近辺でもみ合う展開になり、上値の重い展開になった。しかし、25日SMAを上抜け+1%も上抜けると+3%近辺まで上昇する展開になった。

過去2回の動きからすると、25日SMAを上抜けした後は、+1%近辺がレジスタンスとして意識される。ただ、上抜け出来ると+3%近辺までの上昇が期待できる。

本日25日SMAを上抜け+1%の27,907円に向けて上昇していることから、一旦の上値目処として意識される。+1%を上抜け出来るようなら、+3%の28,460円への上昇が意識される。

まずは、+1%上抜け出来るかが焦点になるが、下押しした際は25日SMAがサポートとして意識されるかもポイントになる。

 

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー