フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 リスク回避の円買い強まる!

  • 2021/07/09
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場序盤の取引では、株価が大幅安で推移する中、リスク回避の動きが加速、特に資源国通貨の下げがきつかった。一方、円は全面高商状となり109.70円台に一段安となった。ドル売りが一旦落ち着きを取り戻したが、米長期金利が1.25%に低下していることを背景に、ドルの戻りも限定的となった。欧州市場では、原油価格や欧州株、NYダウ先物の大幅安となり、リスク回避的な円買いが強まった。米長期金利が1.24%台へ低下し、NYダウ先物が520ドル超下落したことでドルは下げ幅拡大となった。

 

新規失業保険申請件数が予想より悪化したことも重石に下押しとなった。欧米株安と欧米長期金利の低下により下げ足を速めた。世界景気の回復鈍化懸念を背景にNYダウが一時530ドル超下落すると一時109.50円近辺に下落し、6月11日以来の安値となった。米長期金利が下げ止まり、NYダウも下げ幅を縮小するとリスク回避の円買いが一服した。米株主要3指数が急ピッチで下げ幅を縮小したことで下値を切り上げた。米国株は再び売りが強まり、米長期金利も低下傾向のままだったが、109.80円近辺で小幅な上下に留まった。

 

★欧米主要経済指標

・米・先週分新規失業保険申請件数:37.3万件(予想:35.0万件、前回:37.1万件← 36.4万件)
・米・失業保険継続受給者数:333.9万人(予想:335.0万人、前回:348.4万人←346.9万人)
・米・5月消費者信用残高:+352.81億ドル(予想:+180.00億ドル、4月:+200.41億ドル←+186.12億ドル)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は109.50-110.05円のレンジ

・ECBは中期的なインフレ率目標を『2%』に変更

・世界的に景気回復が遅れかねないとの懸念

・欧米株価が軟調に推移する中でリスク回避の円買い優勢

・VIX指数は16.30から19.00へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー