フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 新規材料難から方向感出ず!

  • 2021/05/11
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場序盤の取引では、米長期金利が1.60%台に上昇幅を拡大したことにより、円全面安が持続した。市場では本邦機関投資家からまとまった額のポンド買い・円売りが出たとの話も聞かれた。その円売りフローに後押しされた面もあった。ただ、109.00円にはNYカットオプションの設定が観測されており、上昇一巡後はドル売りに押された。米長期金利が1.584%近辺で伸び悩むに連れてドル売りが優勢になった。欧州市場では、米長期金利の失速で、ややドル売りに振れた。一方、欧米株価指数は引き続き高安まちまちの展開になった。

 

米国株高によるリスク選好的なドル安が強まったほか、米長期金利低下したことも圧迫要因となった。今週は108.00円に約28.5億ドル、109.00円に約23億ドルのオプションがあると言われいることで、上下とも大台近辺はオプションに絡めたフローが値動きを狭めた。米経済指標の発表などもなく手掛かり材料に欠けたことから、相場は大きな方向感がでなかった。米長期金利が1.59%手前まで上昇するなど、米金利の動きに反応が敏感なドル/円は小高く推移した。米長期金利が1.60%台まで上昇したことに連れて、底堅い展開になった。新規の手掛かり材料に乏しかったため、大きな方向感は出なかった。

 

★欧米主要軽座指標

特になし

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は108.63-109.05円のレンジ

・英政府は17日から規制緩和する方針を表明でポンド買い

・スコットランド議会選では『独立派』の議席が過半数

・米FRBによる金融緩和の長期化観測継続

・新規の手掛かり材料に乏しく大きな方向感は出ず

・米国株は利益確定目的の売りに押される展開

・VIX指数は16.69から19.66へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー