フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 米3年債入札の好結果受け米長期金利低下!

  • 2021/03/10
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場序盤の取引では、米朝金利が一時1.53%台に低下となったことを受け、反落した。なお、欧州株は高安まちまちで取引を開始した。NYダウ先物は129ドル高で推移した。欧州勢参入後、全般的なドル安の流れに沿い、ドルが反落となった後米長期金利の低下が一服したことに連れ、108.93円付近にやや持ち直した。NYダウ先物が190ドル高に再上昇となる中、リスク選好の回復にドルの戻り売りが圧迫され、ドル売りが再び優勢の展開になった。堅調な米株先物や底堅い欧州株を眺めながらクロス円全般に円売りが強まり、ドル/円も連れて下値を切り上げる展開になった。

 

米長期金利の上昇が一段落したためドル買いも一段落し、109円台から108円台へ反落した。米長期金利の低下などが相場の重石となり、下押しした。米経済指標の発表などがない中で、米金利動向に左右される展開になった。米金利の動向を睨んだ展開となる中、3時からの米3年債入札を待つ状態となった。3年債入札の好結果を受けて米長期金利は1.53%台へ下押ししたことで、ドル/円は下値を広げた。

 

★欧米主要経済指標

・ユーロ圏・10-12月期GDP確報値:前年比-4.9%(予想:-5.0%、改定値:-5.0%)
・ユーロ圏・10-12月期GDP確報値:前期比-0.7%(予想:-0.6%、改定値:-0.6%)

 

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は108.38-109.17円のレンジ

・英国ではワクチン接種が急速に進み経済正常化への期待からポンド買い

・OECDは2021年世界経済の成長率見通しを上方修正

・米3年債入札が好調な結果となり米長期金利も大幅低下

・米国の追加経済対策が成立する見通しとなったことでリスク選好

・VIX指数は25.47から24.03へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー