フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

トルコリラ/円の日足では先行スパン2当日線の攻防!

  • 2021/03/01
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★トルコリラ/円の日足では、ダブルトップのネックラインとなる2月9日安値14.66円を下抜けしたところで、下落の勢いが加速した。

また、20年11月6日安値12.03円を起点として21年1月18日安値13.74円を結んだトレンドライン(S1)を明確に下抜けしたことで、下落トレンド入りとなった。

 

一目均衡表の転換線9日(赤線)を下抜けしたことでレジスタンスとして意識され、基準線26日(青線)も下抜ける展開となった。

ただ、先行スパン2当日線(紫線)がサポートとして意識され下げ止まる展開となっている。

ただ、遅行線(緑線)はこのままのレベルでは、26期間遅行するロウソク足を下抜ける展開になる。

まとめると、トルコリラ/円の上昇トレンドが終了して、下落トレンド入りした可能性が高い。先行スパン2当日線を下抜けると、下値模索の動きになりやすい。

そのため、先行スパン2を維持出来るか、それとも先行スパン2を下抜けするか相場の大きな節目になる。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー