フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 NY市場から上値を切り下げる展開!

  • 2020/10/01
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場序盤の取引では、NYダウ先物が売り一服となったことに伴って105.60円台でもみ合いとなった。欧州市場では、欧州株はほぼ全面安、NYダウ先物も軟調地合いで欧米株安を警戒したリスク回避のドル買いに振れやすかった。ドル/円は小幅に押し上げられた。NYダウが300ドル安に再下落となる中、リスク回避のドル高の流れが持続した。欧州市場中盤ではNY勢参入を控え、ドルは全般もみ合いも底堅さを維持した。

 

4-6月期米GDP確定値などはいずれも市場予想を上回る結果となったが、発表後にわずかに弱含む場面もあった。米国株高に伴うリスク選好のドル売りが出た半面、クロス円の上昇につれた円売り・ドル買いが出たため下落のスピードは緩やかだった。ドルが全面安の流れから弱含んだが、前日の安値105.34円がサポートとして意識され下げが一服した。ドル売りが緩むと、105.60円近辺に持ち直した。米共和党のマコネル上院院内総務の『経済対策を巡り、米共和党と民主党は大きく隔たりがある』との発言も手がかりに米国株は上げ幅を大きく縮小したが、105円半ばで動きは鈍かった。その後は、戻り鈍く引けにかけては105.40円付近まで押し戻される展開となった。

 

★欧米主要経済指標

・米・9月ADP雇用統計:+74.9万人(予想:+64.9万人、8月:+48.1万人←+42.8万人)
・米・9月シカゴ購買部協会景気指数:62.4(予想:52.0、8月:51.2)
・米・4-6月期GDP確定値:前期比年率‐31.4%(予想:-31.7%、改定値:-31.7%)
・米・4-6月期個人消費確定値:前期比年率-33.2%(予想:-34.1%、改定値:-34.1%)

 

★欧米主要経済指標

・ドル/円相場は105.33-74円のレンジ

・ロンドンフィキシングに向けてポンド買いフロー

・EU復興基金の運用開始の遅れを警告

・ECBが物価上昇率を容認する可能性を示唆

・米追加経済救済策を巡る不透明感にドルもみ合い

・発表された米経済指標は軒並み良好な結果

・VIX指数は26.27から26.37へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー