フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 良好な米経済指標受けてもドル高続かず!

  • 2020/08/22
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場序盤の取引では、NYダウ先物が伸び悩み、米長期金利も0.643%付近に小幅低下となる中、105.40円台に続落した。欧州市場では、欧州株式市場が高安まちまちで105.50円付近でもみ合いとなった。欧州株が堅調に推移し、米長期金利も低下幅を縮小したことにドルが下支えされドルはじり高を継続した。欧州のPMIが総じて市場予想より弱かったことや、英国とEUとの交渉が進展しなかったことで、欧州通貨が弱含みとなりドル買いを誘った。

 

対欧州通貨を中心としたドル高を受けてドル/円も上昇したが、ドル買い一巡後は戻り売りに押された。8月米製造業PMIとサービス部門PMIが予想より強い内容となったことを受けてドル買いで反応した。また、7月中古住宅販売件数も強い結果となり、ドル高・株高・債券安(金利は上昇)の流れが継続した。米長期金利が0.63%台まで再び低下したことを受けてドルを買い戻す動きが一服した。その後は、予想比上振れの米経済指標を手がかかりとしたドル買いは一服した。そして、105円後半に押し戻され、105.80円台を中心に動きが鈍った。

 

★欧米主要経済指標

・英・8月製造業PMI速報値:55.3(予想:54.0、7月:53.3)
・英・8月サービス業PMI速報値:60.1(予想:57.0、7月:56.5)
・英・8月総合PMI速報値:60.3(予想:56.9、7月:57.0)

・ユーロ圏・8月消費者信頼感指数速報値:‐14.7(予想:-15、7月:-15)

 

・米・8月製造業PMI速報値:53.6(予想:52.0、7月:50.9)
・米・8月サービス業PMI速報値:54.8(予想:51.0、7月:50.0)
・米・8月総合PMI速報値:54.7(7月:50.3)
・米・7月中古住宅販売件数:586万戸(予想:541万戸、6月:470万戸←472万戸)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は105.40-106.07円のレンジ

・英国とEUの将来関係などを巡る交渉は進展見られず

・欧州景気の先行きに警戒感が強まり全般ユーロ売り

・良好な米経済指標の結果が伝わるとドル買い

・VIX指数は22.72から22.54へわずかに低下

 

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー