フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 リスク選好のドル売り優勢!

  • 2020/07/07
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場序盤の取引では、欧州株が全面高、NYダウ先物も400ドル超高に上昇幅を広げる中、リスク許容度の改善を受け全般的なドル安地合いが持続した。107.60円付近でもみ合い相場となった。なお、関係者筋から『日銀は14-15日の金融政策決定会合で、景気が年末に向けて持ち直すという基本シナリオを維持する見通し』と伝わった。対欧州通貨などでのドル売りは一服した一方、株高を手掛かりにした買いも限られ、107.50円台での小動きが継続した。

 

NY勢の参入後は対欧州通貨を中心にドル売りが先行した流れに沿ってドル/円もじり安となった。米6月ISM非製造総合指数は57.1となり、予想の50.0を大幅に上回る改善となったことで小反発となった。良好な米経済指標を受けて、株高に伴うリスク選好のドル売りが先行した。その後、米長期金利の伸び悩んだことでドル売り・円買いが再燃した。米国株が上げこそ一服するも堅調地合いが続く中、リスク選好のドル売りの流れは変わらなかった。

 

★欧米主要経済指標

・英・6月建設業PMI:55.3(予想:46.0、5月:28.9)

・ユーロ圏・5月小売売上高:前月比+17.8%(予想:+15.0%、4月:-12.1%←-11.7%)

 

・米・6月ISM非製造業景況指数:57.1(予想:50.2、5月:45.4)
・米・6月サービス業PMI改定値:47.9(予想:46.9、速報値:46.7)
・米・6月総合PMI改定値:47.9(速報値:46.8)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は107.22-62円のレンジ

・5月ユーロ圏小売売上高が予想より強くユーロ買い

・英6月建設業PMIが予想を上回ったことでポンド買い

・欧米株高を背景にリスク千九尾のドル売り優勢

・米6月ISM非製造業指数が堅調な結果

・VIX指数は27.68から27.94へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー