フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 方向感を欠く展開が継続!

  • 2020/06/17
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場序盤では、北朝鮮がケソンの南北共同連絡事務所を爆破したと韓国政府が発表したことをきっかけに円買い戻しが優勢になった。なお、欧州主要株価指数は全面高となった。欧州株が全面高で推移、NYダウ先物も400ドル高に再上昇となる中、円買い戻しの流れは一服した。日経先物下げ幅を縮小した。パウエル米FRB技量の議会証言を控え、ドルは全般もみ合い商状となった。

 

5月米小売売上高は市場予想を上回り、自動車を除いた数値も好結果となったことで、ドルは小幅高となった。中国の北京市当局が新型コロナウイルスに関して警戒レベルを『2級』に引き上げたと伝わなか、対ユーロなどでドル高が進んだ影響から一時107.62円付近まで上昇したものの、米長期金利の上昇幅縮小などを受けドルは失速した。パウエル米FRB議長が米社債購入を大規模に進めていくつもりはないとしたため、米国株の上げ幅が縮小し、米長期金利も急低下した。対ユーロなどで進んだドル買いが後退し、再び107.30円付近に戻したが動きは鈍った。感染の第2波への警戒感と景気刺激策による景気回復への期待感が交錯していることもあり、方向感を欠く展開となった。

 

★欧米主要経済指標

・独・6月ZEW景気期待指数:63.4(予想:60、5月:51)

 

・米・5月小売売上高:前月比+17.7%(予想:+8.4%、4月:-14.7%←-16.4%)
・米・5月小売売上高(自動車除く):前月比+12.4%(予想:+5.5%、4月:-15.2%←-17.2%)
・米・5月鉱工業生産:前月比+1.4%(予想:+3.0%、4月:-12.5%←-11.2%)
・米・5月設備稼働率:64.8%(予想:66.9%、4月:64.0%←64.9%)
・米・6月NAHB住宅市場指数:58(予想:45、5月:37)
・米・4月企業在庫:前月比‐1.3%(予想:-1.0%、3月:-0.3%←-0.2%)

 

★欧米市場イベント

・ドル/円相場は107.17-61円のレンジ

・5月米小売売上高が市場予想を大きく上回る結果

・米中で感染第2波に対する警戒感が高まる

・FRBは回復が軌道に乗るまでゼロ金利を維持

・NYダウはコロナウイルスへの懸念から乱高下

・米長期金利は3日続落で金利は上昇

・VIX指数は34.40から33.67へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー