フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 様子見ムード強まりこう着相場!

  • 2020/06/02
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場序盤の取引では、アジアや欧州の株式市場が堅調に推移する中、リスク選好の改善を受けドルは全面安で推移した。米中通商合意第一段階が破棄される可能性の報道が伝わる中、欧州株が伸び悩み、日経先物も失速するに連れて、円買い戻しの動きが優勢になった。しかし、観測記事であることもありドル売りでの反応も続かず、一巡後はショートカバーが入りドルの買い戻しが優勢となった。107.80円付近で上昇を阻止されるとケースが目立ち、目先も108円手前のドル売りが意識された。NY勢の本格参入を前に107.70円前後で静かな動きとなった。

 

一時は160ドル超下落したNYダウがプラス圏を回復したことでリスク回避のドル買いが後退し、全般でドル安が進んだ。その後は材料難の107.60円近辺で方向感なく取引された。米国内で広がる抗議デモの行方や米中関係を巡る続報を待ちたいとの見方から様子見ムードが強まった。

 

★欧米主要経済指標

・英・5月製造業PMI改定値:40.7(予想:40.8、速報値:40.6)

 

・米・5月製造業PMI改定値:39.8(予想40、速報値:39.8)
・米・5月ISM製造業景況指数:43.1(予想:43.8、4月:41.5)
・米・4月建設支出:前月比‐2.9%(予想:-7.0%、3月:0←+0.9%)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は107.35-75円のレンジ

・世界的な経済活動の再開に伴う景気回復期待から株高

・米中関係悪化懸念報道も観測記事で反応は限定的

・欧米株の持ち直しを背景にリスク選好のドル売り

・抗議デモの行方や米中関係を巡る続報待ちで様子見

・VIX指数は27.51から28.23へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー