フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 全般様子見気分強く小動きの展開!

  • 2020/04/25
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場序盤の取引では、欧州勢参入後から強まったユーロ全面安の流れが持続した。欧州株は全面安、ドイツ10年債金利も低下したことでユーロ売りが優勢となった。欧州市場では、アジア市場終盤のユーロ売りは一服、ドル/円はユーロ/円の底堅い値動きに追随した。一方、欧州株式市場は主要指数が総じて弱含んでいるものの、日銀の追加緩和期待がリスク回避的な円買いを抑制した。欧州市場中盤の取引では、NYダウ先物や日経先物が反発を維持する中、107.65円前後でもみ合い商状となった。

 

特に新規の取引材料がなかったことから、107.60円台での小動きが続き、NY勢参入後も方向感の乏しい展開となった。高く始まった米国株が下げに転じると円買い・ドル売りが先行した。米長期金利が低下に転じたことも相場の重石となった。ただ、市場では『来週開催される日米欧の金融政策会合を控え、市場では様子見姿勢が広がっている』との声も聞かれ、大きな方向感は出なかった。トランプ大統領が、4840億ドルの新型コロナウイルスの追加対策法案に署名したと伝わったが安値圏で動意の薄い展開となった。米国株高にも反応鈍く、107.40円台での狭いレンジ取引に終始した。なお、米FRBは、来週から債券買い入れ額を1日あたり150億ドルから100億ドルに減額すると発表した。

 

★欧米主要経済指標

・米・3月耐久財受注速報値:前月比‐14.4%(予想:-12.0%、2月:+1.1%←+1.2%))
・米・3月耐久財受注(輸送用機除く)速報値:前月比-0.2%(予想:-6.5%、2月:-0.7%←-0.6%)
・米・3月製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)速報値:前月比-0.2%(予想:-7.0%、2月:-0.9%←-0.8%)
・米・4月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値:71.8(予想:68、速報値:71)
・米・4月ミシガン大学1年期待インフレ率確報値:2.1%(速報値:2.1%)
・米・4月ミシガン大学5-10年期待インフレ率確報値:2.5%(速報値:2.5%)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は107.33-73円のレンジ

・新興国での感染拡大を嫌気した新興国通貨売り継続

・欧州で低調な経済指標が相次いでいることでユーロ売り

・翌週の日米欧の金融政策発表を前に様子見ムード

・米10年債利回りが低下に転じたことが重石

・VIX指数は41.38から35.93へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー