フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 リスク回避のドル買いやや優勢!

  • 2020/04/22
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場序盤の取引では、欧州株が全面安で推移、NY原油先物(6月限)が20ドル台前半に続落となる中、対加ドルを中心にドル高・円高が進展し、107.40円近辺で推移した。米長期金利低下を背景に、ドル高の流れは一服する中、ドル/円の上値は依然重く107.35-40円前後でもみ合い推移した。原油安・株安も重石にリスク回避の円買い圧力が継続した。NYダウ先物は280ドル超安まで下げ幅が拡大した。NY原油先物が11.79ドルまで急落となったことでリスク回避の円買いとなったが、原油安の一服に伴って戻り試しも107.50円処で失速するなど戻りの重い展開となった。

 

NY勢が安全資産とされるドル買いで参入したこともあり、徐々に下値を切り上げる展開となった。景気後退懸念や原油安を受けたリスク回避の動きが継続し、安全資産とされるドル買いが継続した。NYダウが600ドル超安を背景に調整売り優勢の流れとなった。トランプ大統領は新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業向け追加支援で議会と暫定合意したと報じられるとドルが全般買い戻された。リスク回避のドル買いが優勢となり一時107.89円と日通し高値を更新した。

 

★欧米主要経済指標

・独・4月ZEW景気期待指数:28.2(予想:-42.0、3月:-49.5)

 

・米・3月中古住宅販売件数:527万戸(予想:525万戸、2月:576万戸←577万戸)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は107.25-89円のレンジ

・景気後退懸念や原油暴落を受けたリスク回避の動きが先行

・トルコリラ/円は一時15.36円と史上最安値を更新

・ロンドンのフィキシングに絡んだポンド売りのフロー観測

・WTI原油先物6月限は一時1バレル=6.50ドルへ暴落

・米石油・ガス会社と中小企業向け追加支援

・VIX指数は43.83から45.41へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー