フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 リスク選好でも方向感ないレンジ相場!

  • 2020/04/07
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、欧州株が大幅高で推移する中、リスク選好改善によるドル安・円安の流れが持続した。緊急事態宣言を巡る安倍首相の一連の発言が伝わる中、ドル/円は目立った動意は見られず、もみ合い商状が継続した。欧州市場中盤の取引では、NY勢の本格参入を控え為替は全般もみ合う展開となったが、欧米株の大幅高を受け、リスク許容度改善によるドル安・円安地合いが持続した。米長期金利が4月1日以来の水準に持ち直したが、上昇一服でドル買いはいったん収束した。

 

NYダウが1000ドル超上昇するなど、アジア・欧州に続き米国株相場も堅調に推移したことでリスクオンの動きが強まった。クオモNY州知事が『新型肺炎の感染ペースは減速している』と発言するとNYダウが1200ドル超高まで上げ幅を広げたため、ドル/円も緩やかに強含みとなった。リスク選好が円売りにつながった一方、リスク回避後退による現金化のためのドル買い意識の弱まりが綱引きする部分もあり、やや押し戻される展開となった。NYダウが引けにかけて1700ドル超高まで急速に上げ幅を広げるにつれてドル/円も底堅く推移した。

 

★欧米主要経済指標

・英・3月建設業PMI:39.3(予想:44.5、2月:52.6)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は108.80-109.38円のレンジ

・NY州で新型肺炎感染に対する過度な警戒感が後退

・リスク資産のドル現金化需要が後退との声も

・NYダウは上げ幅が一時1700ドル超高

・VIX指数は46.80から45.24へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー