フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 方向感なく乱高下!

  • 2020/03/17
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、新型コロナウイルスの感染者が欧州を中心に一段と拡大したことを背景に、リスク回避の流れが持続する中、ドルが軟調に推移した。なお、欧州株は大幅反落して取引を終了した。欧州株が総崩れとなり、世界的な株安を背景にドルが軟調推移した。欧州株式市場は主要指数が総じて下げ幅を拡大し、リスク回避的な円買い主導の展開となった。また、米長期金利の戻り鈍く、ドル買いは後退した。

 

米3月NY連銀製造業景況指数が-21.5となり、予想の+3を大きく下回る悪化となったことで、ドル売りが継続した。NY勢の参入とともに株安を手掛かりにしたリスク回避の動きが強まった。NYダウが過去最大12%超の下落率から9%安に一旦下げ渋りになったことで、ドルの買い戻しが入った。欧州通貨やオセアニア通貨、新興国通貨に対してドル買いが広がると円に対してもドル高が進んだ。NYダウが再び2000ドルを超えて下げ、米長期金利が0.74%台まで低下したこともあり、再びドル売りが強まった。その後は、流動性の悪い中で方向感なく乱高下する展開となった。

 

★欧米主要経済指標

・米・3月NY連銀製造業景気指数:‐21.5(予想:5.1、2月:12.9)
・米・1月対米証券投資・長期有価証券(株式スワップ等除く):+209億ドル(12月:ネット長期有価証券+856億ドル)
・米・1月対米証券投資全体:+1229億ドル(12月:+787億ドル←+782億ドル)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は105.09-106.69円のレンジ

・金融機関や企業のドル需要が強まっている

・ドルの調達コストはリーマン危機以来の高水準

・原油価格の急落を受けて産油国通貨売り

・債券市場では南欧の国債に売り広がる

・国境封鎖の動きが広がり景気への悲観的な見方

・緊急G7首脳会談も相場の反応は限定的

・VIX指数は57.83から83.69へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー