フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 新型コロナウイルス感染者拡大でリスク回避強まる!

  • 2020/02/25
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、韓国、イタリア、イランで新型ウイルス感染者が急増したことが嫌気され世界的に株価が下落する中、リスク回避によるドル高・円高の流れが継続した。なお、欧州株はイタリア株を中心に大幅安となった。欧州主要株価指数が下げ幅を一段と拡大、独仏も前週末比3%超の下げとなる中、リスク回避を受けた円買い圧力が進行した。NYダウ先物が700ドル超安、米長期金利も1.40%割れとなるなど、リスク回避の動きが続く中、ドル高・円高が進展した。ドル/円以外では、ドルが全面高地合いを維持した。その後、ドル売り一服後は111.30円前後でもみ合う展開となった。

 

伊株価指数が一時6%超下落したほか、NYダウが1000ドル近く下げる中、リスク回避姿勢を強め円買いが優勢となった。NYダウやナスダック指数が年初来の安値水準で推移する中、米長期金利が1.37%付近まで低下したことでドル売りが継続した。米大手金融機関が、新型ウイルスの影響で1-3月期の米GDPが1%強にとどまると、見通しを下方修正すると米国株への売りが強まった。

 

★欧米主要経済指標

・独・2月IFO企業景況感指数:96.1(予想:95.3、1月:96.0←95.9)
・独・2月IFO期待指数:93.4(予想:92.1、1月:92.9)

 

・米・1月シカゴ連銀全米活動指数:-0.25(予想‐0.18、12月:-0.51←-0.35)
・米・2月ダラス連銀製造業活動指数:1.2(予想:0.0、1月:-0.2)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は110.29-111.57円のレンジ相場

・新型コロナウイルスが世界各地に飛び火していることでリスク回避

・イタリアで感染者急増でイタリア株価指数は一時6%超安

・欧米株式市場が大幅下落でリスク回避の円買い

・NYダウの下げ幅は2018年2月以来の大きさ

・米金融機関が米GDPが1%強にとどまると見通しを下方修正を嫌気

・VIX指数は17.08から25.03へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー