フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

ドル/円の週足で上値目処を探る!

  • 2020/02/21
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★ドル/円の中期的トレンドを示す週足では、200週SMA(紫線)がレジスタンスとして意識されていたが、今週になって一気に上抜けする展開となった。そのため、円安基調が強まっている。13週SMA(赤線)が200週SMAに向かって上昇してきており、ゴールデンクロスするか注目される。

直近の上値目標値は、19年4月26日週の高値112.40円が目先の上値目処となっている。この高値を上抜けすると、18年10月5日週SMAの高値114.55円が上値目処となる。

この高値を上抜けできると、逆三尊底のネックラインとなることから、さらに大きな円安トレンドが築かれる。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、高値圏から一旦下落基調となったが、再び%DがSlow%Dをわずかに上抜け両線とも上向きとなっていることで、上向きバイアスが強いことを示している。

まとめると、19年12月から200週SMAがレジスタンスとして上値を抑え込んでいたが、一気に上抜けしたことで、ストップロスを巻き込みならが上昇基調が継続している。そのため、投資判断は『買い』または『継続』となる。現在のロウソク足でも、上ヒゲがほぼない状態となっていることから、上向きバイアスが強いことを示している。そのため、上ヒゲロウソク足が出現するまでは上値追いの展開となりやすい。値ごろ感だけでのドル売りは注意が必要となる。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー