フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 リスク回避でも円買いになり難い展開!

  • 2020/02/21
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、新型コロナウイルスの感染拡大に関して日本と韓国で状況が一段と悪化したことを背景に、対ドルでアジア通貨売りが強まる中、円安が加速した。なお、NYダウ先物は小幅続伸、米長期金利は小幅低下した。欧州勢参入後、ドルが続伸となったが、前日安値から2円程度の大幅上昇となったこともあり、ドル買いの動きは一服となった。米系ヘッジファンド勢主導の円売りが続いた。欧州市場の中盤の取引では、日銀による緩和観測が強まったことや、セブン&アイHDのM&A(約2兆4500億円)に絡んだ円売りの思惑も指摘され円売りがが強まった。また、米系ヘッジファンド勢のよる112円台のオプションバリアへの円売り仕掛けが続いた。

 

NYダウ先物が小安く、米長期金利的あでドル買いが小休止した。NY勢参入後はドル買いが再開した。2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数や1月米景気先行指標総合指数は予想を上回る堅調な結果となった。その後、ナスダック総合が約1.7%安まで反落、米長期金利も低下傾向を強める中で円の買い戻しが入った。しかし、一時380ドル超安まで下落したNYダウが急速に下げ幅を縮小したことでドル買い戻しが進んだ。

 

★欧米主要経済指標

・英・1月小売売上高(自動車燃料含む):前月比+0.9%(予想:+0.7%、12月:-0.5%←-0.6%)

・ユーロ圏・2月消費者信頼感指数:-6.6(予想:-8.2、1月:-8.1%)

 

・米・2月フィラデルフィア連銀製造業景況指数:36.7(予想:11.0、1月:17.0)
・米・先週分新規失業保険申請件数:21万件(予想:21.0万件、前回:20.6万件←20.5万件)
・米・失業保険継続受給者数:172.6万人(予想:171.7万人、前回:170.1万人←169.8万人)
・米・1月景気先行指数:前月比+0.8%(予想:+0.4%、12月:-0.3%)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円相場は111.51-112.22円のレンジ相場

・感染拡大によるアジア経済への影響も懸念されリスク回避

・米系ヘッジファンド勢などからのドル買い

・米経済指標が総じて予想より強い結果

・NYダウが一時380ドル超安、米長期金利は1.50%台まで低下

・VIX指数は14.38から15.56へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー