フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

イールドスプレッドで2月4日の米国株市場を先取り!

  • 2020/02/04
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★NY株式市場では、三指数が上昇したうえ、米長期金利も上昇したことでイールドスプレッドは前日比で三指数ともに縮小(米国10年債金利に対して米国株は割高)した。株価の下げ止まりや上値追いとなるには米長期金利の低下が重要ポイントとなる。また、新型コロナウイルスの感染者拡大が続いており、ネガティブな報道で株価が大幅下落しやすいので十分注意する必要がある。ウイルスのワクチン完成や感染者が縮小するような動きになるまでは、リスク回避の動きが継続しやすい。NASDAQには割安感も出始めていることから、底堅い展開が予想される。

 

NYダウは、5日SMAの28,595ドルと25日SMAの28,821ドルがレジスタンスとなり下落基調続いている。ただ、75日SMAの28,076ドルがサポートラインとなり下げ止まるかが注目点となる。5日SMAが下向きとなっており、10日SMAとデッドクロスし両線とも下向きとなっていることから、短期的には下落基調が継続している。一方で、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%Dが横ばいとなってきており、下落の勢いが鈍化してきている。さらに、欧米貿易協議の行方と米企業決算結果やコロナウイルスの感染拡大報道などで上下に振れやすくなっている。割安感の目安では、イールドスプレッドがNYダウ:4.0%台、S&P500:3.8%~4.0%台、NASDAQ:2.3%~2.5%台で割安感からの反発となりやすい。

 

★米国市場のイールドスプレッドは、米国債金利と米国株益利回りを比較する指標である。株式市場は国債市場よりリスクが高いことから、株式市場に割高感が生じ国債市場に割安感が生じれば、投機筋は株式を売って国債を買う。また、国債市場に割高感が生じ株式市場に割安感が生じれば、国債を売却して株式を買うことになる。

そのため、株式市場の天底を探るひとつの参考指標となる。

 

米10年国債金利とNYダウ:2011/4/21以降の平均▲4.396%

・直近イールドスプレッド縮小:18/12/3-▲3.069%、19/4/25-▲3.048%

               20/01/17‐▲3.018%

(NYダウが割高・米国10年債割安の状態)

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲4.226%、19/6/3-▲4.038%、

               19/8/5-▲4.102%

(NYダウが割安・米国10年債割高の状態)

・1月31日:▲3.636%⇒2月3日:予想▲3.589%

 

2月3日のNYダウが上昇したうえ、米長期金利も上昇したことでイールドスプレッドは前日比で縮小(米国10年債金利に対して米国株は割高)した。平均値の▲4.396%から▲0.807%と平均値よりかい離していることで現在は割高になっている。19年1月3日の大底▲4.226%を▲0.637%と縮小した。19年6月3日の大底4.038%を▲0.449%と縮小した。19年8月5日の大底▲4.102%を▲0.513%と縮小した。

 

NYダウが上昇したことで株式益利回りは低下した。また、米長期金利も上昇したことでイールドスプレッドは前日比で縮小した。米国債券に対してNYダウが前日比で割高となった。前日比ではNYダウを買うよりも米国債券を買う方が良いことになる。新型肺炎の拡大を懸念した売り圧力がひとまず和らぎ反発して始まったあとは、前週末に大幅下落した反動で自律反発狙いの買いも入り一時370ドル超上げた。1月ISM製造業景況指数が節目となる50以上に回復したことが好感されたほか、中国人民銀行が市場に1730億ドルを供給したことでコロナウィルスによる経済鈍化懸念が和らぎ、終日堅調推移となった。

 

米10年国債金利とS&P500:11/4/21以降の平均▲3.750%

・直近イールドスプレッド縮小:18/12/3-▲2.731%、19/4/25-▲2.966%

                20/01/17-▲2.990%

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲3.869%、19/6/3-▲3.881%、

                19/8/5-▲4.002%、19/8月15日-4.179%

・1月31日:▲3.634%⇒2月3日予想▲3.576%

 

S&P500が上昇したうえ、米長期金利も上昇したことでイールドスプレッドは前日比で縮小(米国10年債金利に対して米国株は割高)した。平均値の▲3.750%から▲0.174%とかい離していることで現在は割高になっている。また、19年1月3日の大底となった▲3.869%に対して▲0.293%より縮小。19年6月3日の大底となった3.881%から▲0.305%とイールドスプレッドは縮小。また、19年8月5日の大底となった▲4.002%から▲0.426%縮小した。19年8月15日の▲4.179%とは▲0.603%より縮小した。

 

米10年国債金利とNASDAQ:11/4/21以降の平均▲2.399%

・直近イールドスプレッド縮小:18/12/3-▲1.198%、19/4/25-1.468%

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲2.179%、19/6/3-▲2.328%、

              19/8/5-▲2.383%、 19/8/15-▲2.498%

・1月31日:▲2.359%⇒2月3日予想▲2.286%

 

NASDAQが大幅上昇したうえ、米長期金利も上昇したことからイールドスプレッドは前日比で縮小(米国10年債金利に対して米国株は割高)した。平均値の▲2.399%から▲0.113%とかい離していることで現在は割高になっている。また、19年1月3日の大底となった▲2.179%に対しては+0.107%上回った。19年6月3日の大底となった▲2.328%に対して▲0.042%縮小した。19年8月5日の大底となった▲2.383%から▲0.097%と縮小した。19年8月15日の大底となった▲2.498%から▲0.212%縮小した。

 

NASDAQはハイテク関連銘柄が多く米中貿易摩擦の影響が大きく、三指数の中で上下に振れるボラティリティが最も高くなっている。特に米中通商協議の行方に左右されやすく、報道に振れやすい地合いとなっている。『第2段階合意』に向けて米中間で協議される。そのため、今後も米中貿易摩擦に関する報道に振られる展開が予想される。また、中国発の新型コロナウイルスの感染が拡大してきた。2003年に発生したSARS発生後では、中国GDP第1四半期は11.1%だったが、第2四半期のGDPは9.1%に低下した。そのため、感染拡大の規模が大きくなると中国経済に悪影響を与え、NASDAQの上値も抑えられる。ただ、NASDAQは割安感も出てきていることから、戻り基調になると大きな戻り相場となりやすい。ただ、世界的にリスク回避の動きとなっており、どこまでイールドスプレッドが拡大するか注目点となる。

 

三指数のイールドスプレッドは、三指数とも上昇したことや、米長期金利が上昇したことで三指数ともに前日比で縮小した。新型コロナウイルスの感染急速に拡大していることから、リスク回避の債券買いになりやすく米長期金利が低下しやすい。そのため、今後リスク回避の株価下落と米長期金利が低下するようなら、イールドスプレッドはより拡大しやすく米国株の割高感が出てくる。NASDAQには割安感も出てきていることから、引き続き戻り場面では大きな動きになりやすい。

 

※PERの発表が時間的に遅行することから、前営業日の数値を使って当日終了時の予想を算定している。

 

毎日イールドスプレッドを掲載していますので、米国株式市場の買われ過ぎ・売られ過ぎなど過熱感の目安としてください。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー