フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 米国市場の3連休控え方向感のない展開!

  • 2020/01/18
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、全般小動きながらNYダウ先物が続伸となったことを背景にリスク選好による円安地合いが持続した。なお、欧州株は堅調に取引を開始した。日本株高継続で円売り基調に振れたが、ドルは利益確定売りで上値の重さが意識された。米欧通商摩擦への懸念がリスク回避を意識させる中、欧州通貨などクロス円の円高推移に追随し、ドル/円はじり安となった。米国市場の実質的な週末からの3連休入りを前にして、ポジション調整的な円の買い戻しと外貨の売り戻しの圧力が続いた。

 

米国の12月住宅着工件数は予想を上回ったが、先行指標である建設許可件数は予想を下回ったほか、前月分が下方修正されたことで小反発も上げ渋った。12月米鉱工業生産指数や1月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が予想を下回ったことが相場の重石となった。米国3連休を控えたポジション調整のドル売り・円買いがみられたものの、週末のNY午後に入り市場参加者の動意は徐々に薄くなり110.15円付近で小幅な上下が続いた。

 

★欧米主要経済指標

・英・12月小売売上高(自動車燃料含む):前月比-0.6%(予想:+0.6%、11月:-0.8%←-0.6%)
・ユーロ圏・11月経常収支:+339億ユーロ(10月:+358億ユーロ←+324億ユーロ)
・ユーロ圏・12月消費者物価指数改定値:前年比+1.3%(予想:+1.3%、速報値:+1.3%)
・ユーロ圏・12月消費者物価コア指数改定値:前年比+1.3%(予想:+1.3%、速報値:+1.3%)

 

・米・12月住宅着工件数:160.8万戸(予想:138.0万戸、11月:137.5万戸←136.5万戸)
・米・12月住宅建設許可件数:141.6万戸(予想:146.0万戸、11月:147.4万戸←148.2万戸)
・米・12月鉱工業生産:前月比‐0.3%(予想:-0.2%、11月:+0.8%←+1.1%)
・米・12月設備稼働率:77%(予想:77.0%、11月:77.4%←77.3%)
・米・1月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値:99.1(予想:99.3、12月:99.3)
・米・1月ミシガン大学1年期待インフレ率速報値:2.5%(12月:2.3%)
・米・1月ミシガン大学5-10年期待インフレ率速報値:2.5%(12月:2.2%)
・米・11月JOLT求人件数:680万件(予想:725.0万件、10月:736.1万件←726.7万件)

 

★欧米イベント

・ドル/円は110.00-110.24円のレンジ相場

・12月英小売売上高が予想を下回るとポンド売り優勢

・欧米の通商問題を巡る懸念が高まりユーロ売り

・12月米鉱工業生産と1月米消費者態度指数が予想を下回る

・米国の3連休を控えてポジション調整目的の円買い

・VIX指数は12.32から12.10へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー