フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 手が届きそうで届かない110円台!

  • 2020/01/14
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、英中銀総裁や政策委員からハト派発言が続く中、ポンド売りが全般優勢となった。ドル/円はアジア時間から堅調地合いを維持したものの、109.60∸65円のレンジ相場となった。NYダウ先物や米長期金利が反発地合いを維持する中、109.65円前後で推移した。なお、欧州主要株価指数は概ね小幅高で取引が開始した。欧州株が堅調なことや、ドルがポンドに対して強含んでいることもドル/円の支えとなった。その後、109.73円水準を上抜けるとドル買いストップの誘発でドルが急上昇となった。NYダウ先物や米長期金利が反発地合いを維持する中、ドルの下押しは限定的となった。

 

米国株高に伴う円売り・ドル買いが出た半面、110.00円に観測されているバリアオプションに絡んだ防戦売りなどに上値が抑えられ、相場は方向感が出なかった。米政府は中国を為替操作国から外す方針と報じられたことも材料となりリスク選好の円売りがじわりと強まった。日通し高値圏に並ぶ109.94円まで買われたが、上値を試すまでの勢いは出ず、その後は狭いレンジにとどまった。

 

★欧米主要経済指標

・英・11月商品貿易収支:-52.5億ポンド(予想:-118億ポンド、10月:-109.47億ポンド)
・英・11月鉱工業生産:前月比-1.2%(予想:0.0%、10月:+0.4%)
・英・11月国内総生産(GDP):前月比‐0.3%(予想0、10月+0.1%←0%)[要人発言]

 

・米・12月財政収支:-133億ドル(予想:-150億ドル、18年12月:-135.39億ドル)

 

★欧米市場のポイント

・ドル/円は109.59∸94円のレンジ相場

・低調な英国経済指標受け利下げ観測強まりポンド売り

・ロンドンフィキシングに絡んだユーロ買い

・イラン情勢の緊張も和らぎリスク選好

・米政府は中国の為替操作国認定解除する方向

・VIX指数は12.56から12.32へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー