フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 トランプ大統領の講演を挟んでドルじり安!

  • 2019/11/13
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、米長期金利が堅調に推移したことを背景に小幅高水準でもみ合い商状となった。なお、欧州株は概ね堅調に取引を開始した。欧州株が伸び悩み、日経先物も50円安に反落するとドルは上げ渋る展開となった。NYダウ先物がマイナス圏に沈んだことや、米長期金利が1.92%台まで再び低下したことで下押しした。トランプ米大統領の講演での発言に注目が集まる中、欧州中盤は109円台前半で動きが鈍い展開となった。

 

米長期金利の低下に伴う売りが出たほか、小高く始まったNYダウが失速したことが相場の重石となった。ナスダック総合など米国株が取引時間内の史上最高値を更新し、米長期金利も1.94%台まで上昇したことで一時戻り基調となったものの、トランプ大統領の講演を控え、狭いレンジでの方向感のない動きになった。トランプ大統領の講演から新しい情報が得られずに、市場では失望感が広がりリスク選好やドル買いの動きが一段落した。発言内容がこれまで通りに不透明な発言が多かったので、方向感がなくじり安となった。

 

欧米主要経済指標

・英・7-9月ILO失業率:3.8%(予想:3.9%、6-8月:3.9%)
・英・7-9月週平均賃金:前年比+3.6%(予想:+3.8%、6-8月:+3.7%←+3.8%)
・英・7-9月雇用者数増減:-5.8万人(予想:-10.2万人、6-8月:-5.6万人)
・英・10月失業率:3.4%(9月:3.3%)
・英・10月失業保険申請件数推移:+3.30万件(9月:+1.35万件←+2.11万件)
・独・11月ZEW景気期待指数:-2.1(予想:-13.0、10月:-22.8)

 

★欧米市場のポイント

・108.89-109.28円のレンジ相場

・米国とEUの貿易を巡る対立激化への懸念の後退

・ナスダック総合とS&P500が日中の史上最高値を更新

・5年7ヵ月ぶりにNYダウが前日終値と全く同じ値で引ける

・トランプ大統領からマーケットにポジティブな内容の発言は伝わらず

・VIX指数は12.69から12.68へわずかに低下

 

フジトミでは、期間内にLINE@お友達登録した方を対象に、フジトミアナリスト 米倉教公が執筆した『水星逆行レポート』を無料でプレゼントいたします。

詳しくは、下記URLをご覧ください。
https://www.fujitomi.co.jp/reports/mercury/

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー