フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 新規材料に乏しく109円を挟んだ小幅レンジ!

  • 2019/11/07
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、米長期金利が小幅反落となる中、リスク選好による円売りは一服となっており、ドルがやや下押しした。なお、欧州主要株価指数は前日比高安まちまちで取引を開始した。NYダウ先物と米長期金利が伸び悩むに連れて、ドルが再軟化した。米中貿易交渉の進展期待で引き続き底堅い動きも、109円前半では上値の重さも確認され、一段の上昇には新規の手掛かりが必要。その後も、米中協議やブレグジットなどに関するニュースが特にみられず、全体的に小動きとなった。

 

新規材料に乏しかったうえ、米国株相場も前日終値付近でのもみ合いで、大きな方向感は出なかった。ただ、一部通信社の、米中通商交渉の部分合意署名が12月に延期される可能性報道を受けて、過度な期待感が後退し米国株は弱含み円買いが強まった。その後は、プラス圏を回復したNYダウが支えとなり108.90円台まで持ち直す展開となった。

 

★欧米主要経済指標

・ユーロ圏・9月小売売上高:前月比+0.1%(予想:0.0%、8月:+0.6%←+0.3%)
・ユーロ圏・10月サービス業PMI改定値:52.2(予想:51.8、速報値:51.8)
・ユーロ圏・10月総合PMI改定値:50.6(予想:50.2、速報値:50.2)
・独・10月サービス業PMI改定値:51.6(予想:51.2、速報値:51.2)
・独・10月総合PMI改定値:48.9(予想:48.6、速報値:48.6)

 

・米・7-9月期非農業部門労働生産性速報値:前期比年率‐0.3%(予想:+0.9%、4-6月期:+2.5%←+2.3%)
・米・7-9月期単位労働コスト速報値:前期比年率+3.6%(予想:+2.2%、4-6月期:+2.4%←+2.6%)

 

★欧米市場のポイント

・108.76-109.08円のレンジ相場

・英議会下院は6日未明に解散し総選挙へ向けた選挙活動開始

・英保守党の支持率が前回から低下したと伝わるとポンド売り

・IMFが今年のユーロ圏経済成長率見通しを下方修正

・米中通商交渉の合意署名会談が12月にずれ込む可能性でドル売り

・VIX指数は13.10から12.62へ低下

 

フジトミでは、期間内にLINE@お友達登録した方を対象に、フジトミアナリスト 米倉教公が執筆した『水星逆行レポート』を無料でプレゼントいたします。

詳しくは、下記URLをご覧ください。
https://www.fujitomi.co.jp/reports/mercury/

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー