フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 リスク回避で108円台の攻防!

  • 2019/11/01
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、前日の米FOMC以降のドル安の流れが進展した。なお、欧州株は前日高安まちまちで取引を開始した。中国はトランプ米大統領との長期的な貿易交渉に対して疑問があると報じられたことを受け、株価が下げ幅を広げる中、リスク回避の円買いが強まった。米中貿易摩擦への懸念が再浮上し、リスク回避の動きが強まる中、ドル押し目買い注文を消化しつつ売買が交錯した。ただ、報道は誰が、いつ言ったかなどはっきりしなかったため、市場参加者から内容に懐疑的な意見も出ていた。そのため、報道に対して、『早期に否定発言が出るだろう』『ネタ元が判明しないので円売りで耐える』などの声が多く、下げ止まる展開となった。

 

しかし、米国株が売りに押され、米長期金利が1.71%台まで一段と低下幅を拡大したことがドルの重石となった。NY勢参入後もリスク回避の流れが継続した。米10月シカゴPMIが予想より弱い結果も重石となった。米国株の下げ幅拡大の動きも嫌気され、108円台割れまで弱含んだ。NYダウは一時260ドル超安まで下落した。その後は下げは一服するも108円前後で戻りが鈍く、下方向への警戒感は払しょくされなかった。

 

★欧米主要経済指標

・ユーロ圏・7-9月期GDP速報値:前年比+1.1%(予想:+1.1%、4-6月期:+1.2%)
・ユーロ圏・10月消費者物価指数速報値:前年比+0.7%(予想:+0.7%、9月:+0.8%←+0.9%)
・ユーロ圏・10月消費者物価コア指数速報値:前年比+1.1%(予想:+1.0%、9月:+1.0%)
・ユーロ圏・9月失業率:7.5%(予想:7.4%、8月:7.5%←7.4%)

 

・米・9月コアPCE価格指数:前年比+1.7%(予想:+1.7%、8月:+1.8%)
・米・9月個人所得:前月比+0.3%(予想:+0.3%、8月:+0.5%←+0.4%)
・米・9月個人消費支出(PCE):前月比+0.2%(予想:+0.3%、8月:+0.2%←+0.1%)
・米・先週分新規失業保険申請件数:21.8万件(予想:21.5万件、前回:21.3万件←21.2万件)
・米・失業保険継続受給者数:169.0万人(予想:167.9万人、前回:168.3万人←168.2万人)
・米・7-9月期雇用コスト指数:前期比+0.7%(予想:+0.7%、4-6月期:+0.6%)
・米・10月シカゴ購買部協会景気指数:43.2(予想:48.0、9月:47.1)

 

★欧米市場のポイント

・107.89-108.63円のレンジ相場

・米中通商協議に対する先行き不透明感が意識されリスク回避

・米個人消費支出(PCE)と10月シカゴPMIは予想より弱い結果

・米長期金利がリスク回避により1.69%へ大幅低下

・トランプ大統領の弾劾調査開始に向けた決議案可決

・VIX指数は12.33から13.22へ上昇

 

フジトミでは、期間内にLINE@お友達登録した方を対象に、フジトミアナリスト 米倉教公が執筆した『水星逆行レポート』を無料でプレゼントいたします。

詳しくは、下記URLをご覧ください。
https://www.fujitomi.co.jp/reports/mercury/

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー