フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 109円台では上値の重さも意識!

  • 2019/10/29
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、米長期金利の上昇を受け、ドルが底堅く推移した。なお、欧州主要株価指数は前週末日高安まちまちで取引を開始した。欧州市場では、NYダウ先物はプラス圏を維持したものの、米長期金利が1.83%台に上昇後は失速したことでドル買いを抑制した。トゥスクEU大統領が1月末までのブレグジット延期合意を発表したが織り込み済みで、反応は限られた。

 

NY入りにかけて、トランプ大統領から、中国との貿易に関する合意署名の動きが、想定より早く進んでいるとの見解が示されると、ドル買いが強まった。S&P500やナスダックは過去最高値を更新し、米長期金利は1.80%から1.85%まで上昇し、ほぼ1ヵ月ぶり高水準となった。米10月ダラス連銀製造業活動指数が予想外のマイナスとなりドル買いは一段落した。米中通商協議の楽観ムードや英国の『合意なきEU離脱』懸念の後退でリスクオフの円売りが活発となった。109円台では上値の重さが意識されたが、総じて底堅く推移した。

 

★欧米主要経済指標

・ユーロ圏・9月マネーサプライM3:前年比+5.5%(予想:+5.7%、8月:+5.8%←+5.7%)

 

・米・9月シカゴ連銀全米活動指数:-0.45(予想:0.00、8月:0.15←0.10)
・米・9月卸売在庫速報値:前月比-0.3%(予想:+0.2%、8月:+0←+0.2%)
・米・9月前渡商品貿易収支:-704億ドル(予想‐735億ドル、8月-731億ドル)
・米・10月ダラス連銀製造業活動指数:‐5.1(予想:1.0、9月:1.5)

 

★欧米市場のポイント

・108.64-109.04円のレンジ相場

・英国の合意なきEU離脱懸念の後退

・米中貿易協議の進展期待高まる中リスク選好の動き

・米長期金利は一時1.8579%と約1ヵ月ぶりの高水準まで上昇

・VIX指数は12.65から13.11へ上昇

 

フジトミでは、期間内にLINE@お友達登録した方を対象に、フジトミアナリスト 米倉教公が執筆した『水星逆行レポート』を無料でプレゼントいたします。

詳しくは、下記URLをご覧ください。
https://www.fujitomi.co.jp/reports/mercury/

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー