フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

メキシコペソ/円は200日SMAに阻まれ下落調整か!

  • 2019/10/23
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★メキシコペソ/円の日足では、8月26日の安値5.175円を起点として10月3日の安値5.375円を結ぶトレンドライン(S1)は右肩上がりの上昇基調が継続している。

200日SMA(紫線)の5.6655円260日SAM(茶線)の5.6523円がレジスタンスとして意識され数日間もみ合う展開となっていたが、心理的な節目5.700円を付けることが出来なかったこともありわずかに下抜けしてきた。5日SAM(赤線)の5.663円も下抜けしてきたことで、短期的にも上昇の勢いは鈍化してきている。そのため、10日SMA(黄線)の5.642円を下抜けしてくると下落調整が継続しやすい。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)でも、買われ過ぎ域から%DがSlow%Dをわずかに下抜けしてきており、下押しバイアスが強まってきている。

下値の節目では、10日SMAが節目となるものの下抜けすると5日SMAとデッドクロスする可能性も高まってくる。また、9月18日高値5.605円は心理的な節目の5.600円も意識されることから、重要な下値目処となる。5.600円下抜けすると、25日SMA(青線)5.5470円100日SMA(黒線)5.5488円が次の目処となってくる。

一方で、200日SMAを再び回復上抜けしてくると、5.700円が再び上値目処となる。一旦上抜けを失敗したことで、上抜けるには強力なスペインペソ買い材料が必要となってくる。ただ、上抜け出来ると次の節目となる5.800円を目指す展開となりやすい。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー