フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 リスク選好でドルじり高継続!

  • 2019/09/05
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、前日の逆パターンで、対ポンドを中心にドル安・円安が進展した。なお、リスク許容度が改善され欧州株が全面高で推移した。香港行政長官が『逃亡犯条例』を正式に撤回へとの一部報道を受け、リスク回避ムード応対による円売りが強まった。米長期金利が1.49%台へ上昇し、NYダウ先物が240ドル程度上昇したことでじり高となった。香港行政長官が逃亡犯条例改正案の撤回を正式に表明した後も、高値圏で底堅く推移した。

 

米7月貿易赤字は540億ドルとなり、予想の535億ドルから赤字幅が拡大したが、相場への影響は限定的となった。米長期金利が上昇幅を縮めたことなども重石となり、前日高値106.39円が目先レジスタンスとして意識されるとやや上値を切り下げる展開となった。英伊の政局リスク後退や香港情勢の好転でNYダウが210ドル超高まで買いが強まるのを眺めてドルはじり高となった。投資家心理の改善につながる要因で円売りが出やすい地合いが継続した。

 

★欧米主要経済指標

・英・8月サービス業PMI:50.6(予想:51.0、7月:51.4)
・英・8月総合PMI:50.2(予想:50.5、7月:50.7)
・ユーロ圏・7月小売売上高:前月比-0.6%(予想:-0.6%、:6月:+1.2%←+1.1%)

・米・7月貿易収支:-540億ドル(予想:-534億ドル、6月:-555億ドル←-552億ドル)

 

★欧米市場のポイント

・106.07-44円のレンジ相場

・香港政府が逃亡犯条例を正式に撤回表明を好感

・英国の合意なき離脱回避期待からポンド買い

・連立政権発足で伊政局不安が後退

・カナダ中銀の早期利下げ観測後退でカナダドル買い

・米債券市場で逆イールド解消で投資家心理改善

・VIX指数は19.66から17.33へ大幅低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー