フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 9月の米中会合の設定難航でリスク回避!

  • 2019/09/03
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、欧州株が小幅高で取引を開始、日経先物も20円高に小幅反発となる中、ドルは底堅く推移した。週明けの欧州市場では、ポンド主導の展開となる中で、ドル/円の動意は乏しく、106.28円前後と先週末NY市場引け値水準でもみ合い推移した。NYダウ先物が下げ幅を縮小していることやポンドやユーロなど欧州通貨中心にドル高が進んだことを受けじり高推移した。106.40円を頭に高値圏の106.35円近辺でもみ合いとなった。米市場がレーバーデーの祝日で休場ということもあり、徐々に様子見ムードが広がった。

 

NYダウ先物の下落や米中貿易戦争の拡大を巡る懸念を背景に、円買い・ドル売りがじわりと強まった。米中貿易交渉を巡り『9月会合の設定が難航している』との一部報道を受けて円買い・ドル売りが先行した。また、NYダウ先物も一時300ドル近くまで下落した。その後は、参加者が少ない中、米中通商協議の難航を嫌気した売りは続かずに106.10円台で下げ渋った。

 

★欧米主要経済指標

・英・マークイット8月製造業PMI:47.4(予想:48.4、7月:48.0)

 

★欧米市場のポイント

・106.00-40円のレンジ相場

・英議会再開を控え先行きに対する警戒感からポンド売り

・ジョンソン英首相と英議会の対決必至で総選挙の可能性も

・米中貿易交渉で9月会議の設定が難航

・NYダウ先物は一時300ドル近く下落

・NY時間の商いは総じて閑散で様子見ムードが広がる

 

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー