フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 米中貿易協議の進展期待感でリスクオン!

  • 2019/08/30
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、中国商務省が『貿易戦争のエスカレートに反対』『米中両国はこれまで協議していた9月の交渉について話し合っている』などと発表したことを受け、株価が上昇幅を拡大し、リスク選好の回復による円売りが優勢になった。米長期金利が1.50%台まで上昇幅を広げるなど、中国商務省の発言をきっかけとしたリスク選好の流れは止まらずドルの上値を伸ばした。米長期金利の上昇が一服となる中、ドル買いの動きも一巡した。一方欧州主要株が総じて大幅高、NYダウも堅調を維持していたことで、ドルの下値も底堅い展開となった。米4-6月期米個人消費・改定値が予想より強い内容となった程度で、その他は予想の範囲内だったため、指標自体に対する反応は限定的だった。

 

米国株が堅調地合いを維持し、米長期金利が1.51%台まで上げ幅を拡大する中、ドル/円はじり高を継続した。NYダウは350ドル超高まで上げ幅を拡大し、米長期金利は1.53%台まで上昇したことでリスク選好の動きは継続した。米中対立の警戒感が緩んだことを背景としたドル買いが継続したが、106円後半では上値の重さも意識され、積極的にドル買いを進める地合いにはならなかった。

 

★欧米主要経済指標

・ユーロ圏・8月景況感指数:103.1(予想:102.3、7月:102.7)
・独・8月消費者物価指数速報値:前年比+1.4%(予想:+1.5%、7月:+1.7%)

 

・米・4-6月期GDP改定値:前期比年率+2.0%(予想:+2.0%、速報値:+2.1%)
・米・4-6月期個人消費改定値:前期比年率+4.7%(予想:+4.3%、速報値:+4.3%)
・米・先週分新規失業保険申請件数:21.5万件(予想:21.4万件、前回:21.1万件←20.9万件)
・米・失業保険継続受給者数:169.8万人(予想:168.6万人、前回:167.6万人←167.4万人)
・米・7月卸売在庫速報値:前月比+0.2%(予想:+0.2%、6月:0.0%)
・米・7月中古住宅販売成約指数:前月比-2.5%(予想:0.0%、6月:+2.8%)

 

★欧米市場のポイント

・105.96-106.68円のレンジ相場

・9月のECB理事会での緩和策への思惑からユーロの戻りも限定的

・米中貿易協議の進展に期待感が高まりリスク選好の動き

・米長期金利が一時1.533%前後まで上昇したこともドルを支援

・米7年債入札が低調な結果

・NYダウは約3週間ぶりの高値

・VIX指数は19.35から17.88へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー