フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 106円台では上値の重い展開!

  • 2019/08/29
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、米長期金利が低下に転じるとドル売りに押された。欧州市場では、英国議会の停会で『合意なき離脱』回避に向けた議論を行えない可能性から、ポンド/円の急落にドル/円が下押しした。また、欧州株は全面安、NYダウ先物は上げ幅を縮小した。株価は軟調に推移し、米長期金利は低下しドル/円の反応は鈍かった。トランプ大統領はツイッターで『我々は中国と上手くいっている。こんなことは今まで無かった』と発言したが、目立った動きは見られなかった。

 

一時は140ドル超下落したNYダウがプラス圏を回復したことや、米長期金利が低下幅を縮めたことも相場の下支え要因となった。NYダウが200ドル超高まで上げ幅を拡大するなど、米株の堅調な値動きを支えに106円まで上値を伸ばした。米株の上げ幅拡大の動きを眺めながら上値を伸ばした。

 

★欧米主要経済指標

特になし

 

★欧米市場ポイント

・105.60-106.23円のレンジ相場

・英首相は議会を10月中旬にかけて休会とすることを表明

・ドイツやイタリア、フランスの10年債利回りは過去最低を更新

・新規の取引材料に乏しく、しばらくは105円台後半でのもみ合い続く

・VIX指数は19.87から19.35へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー