フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 米長期金利上昇で全般ドル買い!

  • 2019/07/26
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、独7月Ifo企業景況感指数が予想を下回る結果となり、独金利が低下したことで、米長期金利も低下したため、ドルは軟調地合いとなった。欧州市場では、米長期金利は2.03%台と戻りが鈍く、ドルの上昇を抑えた。一方、欧州株もほぼ全面高だったが、米国株先物はまちまちで方向感を欠いた。ECBの政策決定会合を控え、全般的に様子見ムードが広がった。米長期金利の低下が一服し、108.04円を安値に下げ渋るも、安値近辺でこう着し上値の重い展開となった。

 

強い米経済指標に支えられたほか、独長期金利が一転上昇したことで、米長期金利も上昇したことが支えとなりドル買いが強まった。ドラギECB総裁の会見を受けて、過度の早期利下げ観測が後退し、ドル買い・円売りが活発化した。米長期金利が2.01%から2.10%まで上昇したことや、150ドル近く下落していたNYダウも下げ幅を縮小したことで、ドル買いが継続した。米長期金利の上昇一服もNY勢参入後からの地合いの強さが継続した。なお、米国務省が北朝鮮に対して挑発的な行為を止めるように求める声明を発表したが、市場の反応は鈍かった。

 

★欧米主要経済指標

・米・6月耐久財受注速報値:前月比+2.0%(予想:+0.7%、5月:-2.3%←-1.3%)
・米・6月耐久財受注(輸送用機除く)速報値:前月比+1.2%(予想:+0.2%、5月:+0.5%←+0.4%)
・米・6月製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)速報値:前月比+0.6%(予想:-0.2%、5月:+0.5%←+0.6%)
・米・先週分新規失業保険申請件数:20.6万件(予想:21.8万件、前回:21.6万件)
・米・失業保険継続受給者数:167.6万人(予想:168.8万人、前回:168.9万人←168.6万人)
・米・6月卸売在庫速報値:前月比+0.2%(予想:+0.5%、5月:+0.4%)
・米・6月前渡商品貿易収支:-742億ドル(予想:-725億ドル、5月-750億ドル)
・米・7月カンザスシティ連銀製造用活動:-1(予想:3、6月0)

 

★欧米市場のポイント

・108.00-75円のレンジ相場

・ドラギECB総裁の発言後は過度の早期利下げ観測後退

・ユンケル欧州委員長発言で英国の合意なき離脱への警戒感高まる

・良好な米経済市場受け全般ドル買い優勢

・FOMCの50ベーシスポイントの利下げ確率が低下

・米長期金利も前営業日比0.04%高い2.08%へ上昇

・VIX指数は12.07から12.74へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー