フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 米6月小売売上高が好調でドル買いも上値重い!

  • 2019/07/17
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、英雇用統計の発表を控え、ポンド売りが進行したものの、ドル/円は小動きながらもドルが底堅さを維持した。なお、欧州株は高安まちまちの展開だった。米長期金利の上げ渋りとNYダウ先物の上げ幅縮小でドル買いは抑制された。対欧州通貨を中心にドル高・円高が進行する中、107.90円前後と前日NY市場引け値付近でもみ合い推移となった。107.90円付近まで弱含む場面があったものの、その後は対欧州通貨などでドル買いが入ったこともあり、下げ止まった。

 

米6月小売売上高は前月比+0.4%となり、予想の+0.1%を上回った。また、自動車を除く前月比でも同様の結果となり、指数発表後にドルが強含んだ。米6月鉱工業生産指数が予想を下回ると上げ幅を縮小した。その後、トランプ大統領が『望めば、中国に追加関税を発動することも可能』を受けて、米国株が下落に転じドル売りがじわりと強まった。パウエル米FRB議長が講演で『不確実性が高まっており、FRBは適切に行動する』などと述べたが、新味の内容に乏しく市場の反応は限定的だった。7月FOMCで利下げに踏み切るとの観測は変わらず、ドルは積極的に買う地合いにはならなかった。

 

★欧米主要経済指標

・独・7月ZEW景気期待指数:-24.5(予想:-22.0、6月:-21.1)
・ユーロ圏・5月貿易収支:+230億ユーロ(4月:+157億ユーロ)
・英・3-5月ILO失業率:3.8%(予想:3.8%、2-4月:3.8%)
・英・3-5月週平均賃金:前年比+3.4%(予想:+3.1%、2-4月:+3.2%←+3.1%)
・英・3-5月雇用者数増減:+2.8万人(予想:+4.5万人、2-4月:+3.2万人)
・英・6月失業率:3.2%(5月:3.1%)
・英・6月失業保険申請件数推移:+3.8万件(5月:+2.45万件←+2.32万件)

 

・米・6月小売売上高:前月比+0.4%(予想:+0.2%、5月:+0.4%←+0.5%)
・米・6月小売売上高(自動車除く):前月比+0.4%(予想:+0.1%、5月:+0.4%←+0.5%)
・米・6月輸入物価指数:前月比-0.9%(予想:-0.6%、5月:0←-0.3%)
・米・6月輸入物価指数:前年比-2.0%(予想:-2.1%、5月:-1.1%←-1.5%)
・米・5月企業在庫:前月比+0.3%(予想:+0.3%、4月:+0.5%)
・米・7月NAHB住宅市場指数:65(予想:64、6月:64)
・米・6月設備稼働率:77.9%(予想:78.1%、5月:78.1%)
・米・6月鉱工業生産:前月比0%(予想:+0.1%、5月:+0.4%)
・米・5月対米証券投資・長期有価証券(株式スワップ等除く):+35億ドル(4月:ネット長期有価証券+469億ドル)
・米・5月対米証券投資全体:+329億ドル(4月:‐90億ドル←-78億ドル)

 

★欧米市場のポイント

・107.88-108.37円のレンジ相場

・独7月ZEW景況感指数予想を下回りユーロ圏経済減速懸念

・英国の合意なきEU離脱に対する懸念からポンド売り

・米6月小売売上高が予想を上回りドル買いが強まる

・トランプ大統領の中国への追加関税に絡む発言でじわりとドル売り

・VIX指数は12.68から12.86へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー