フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 重要イベント通過で様子見ムード!

  • 2019/07/02
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、米長期金利が上げ幅を縮小したことも手掛かりにドル売りが優勢となった。なお、欧州株は総じて堅調推移した。米長期金利が2.01%台へ低下したことで、108.20円台までドルはじり安となった。しかし、欧州株が全面高、NYダウ先物も堅調地合いを維持したことでドル買い戻しが入った。その後は、NYダウ先物が250ドル超高水準で堅調な動きが続いているものの、米長期金利の上昇が一服し上値の重い展開となった。週末の米中首脳会談など重要イベントの通過したことで様子見ムードが強かった。

 

米6月ISM製造業景気指数は予想を上回ったが、同時発表された5月建設支出は予想より弱い内容だったこともあり、ドル買いでの反応も限定的となった。米長期金利が2.04%台まで持ち直したこともあり、ドルのじり高が続いた。全般的なドル高基調に沿い底堅い展開となったが、米国株が伸び悩むと本日高値108.53円を前に上昇力は強まらなかった。

 

★欧州主要経済指標

・英・6月製造業PMI:48.0(予想:49.2、5月:49.4)
・英・5月住宅ローン承認件数(中銀):6.54万件(予想:6.55万件、4月:6.60万件←6.63万件)
・ユーロ圏・5月失業率:7.5%(予想:7.6%、4月:7.6%)

 

・米・6月ISM製造業景況指数:51.7(予想:51.0、5月:52.1)
・米・5月建設支出:前月比-0.8%(予想:0.0%、4月:+0.4%←0.0%)
・米・6月製造業PMI改定値:50.6(予想:50.1、速報値:50.1)

 

★欧米市場のポイント

・108.20-53円のレンジ相場

・欧州長期金利が低下しドルが全面高

・イタリアへの過剰財政赤字是正手続き見送りとの見方

・米中首脳会談など重要イベント通過で様子見ムード

・米6月ISM製造業景気指数は予想を上回る

・米5月建設支出は予想より弱い内容

・目先のリスク要因の緩和で米長期金利上昇

・VIX指数は15.08から14.06へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー