フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

NY中銀が政策金利据え置きでNYドル上昇!

  • 2019/06/26
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★ニュージーランド準備銀行(RBNZ)は、政策金利を年1.50%で据え置くと発表した。声明では『低金利と政府支出の拡大が経済成長と雇用を支えるだろう』との見通しを示した。ただ、世界経済の成長見通しは『弱まった』と言及し、世界経済の減速が貿易や心理などを通じてニュージーランドにも影響を及ぼすとの認識を示した。雇用や物価の下振れリスクを考慮すると『政策金利の引き下げが必要かもしれない』と追加利下げに含みを残した。

政策金利の据え置きは大方の市場予想通りとなった。ただ、市場では最近発表された同国の経済指標をみると、『追加利下げを促すような弱い材料は見当たらない』との声が多い。

 

ニュージーランド/円の日足では、6月18日の70.28円が底値となり、5日SMA(赤線)10日SMA(黄線)を上抜けしていた。発表後にはレジスタンスとして意識されていた25日SMA(青線)を上抜けする動きとなっている。ただ、6月7日にも25日SMAを上抜け後、再び下落基調となった。前回のパターンを参考にするならば、明日の値動きが重要なポイントとなる。明日の終値で25日SMAを上抜けて終了するようなら、今後の反転が期待される。一方で、明日陰線引けとなり、再び25日SMAを下抜けするようなら、6月7日同様に再び下落基調となる可能性が高まる。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80、)は、下位から%DがSlow%Dを上抜け両線とも上向きとなっていることから、上昇基調が継続していることになる。

まとめると、25日SMAを上抜けしてきたことで、投資判断は『買い』または『継続』となる。上値目処は直近高値が一旦目処となる。上抜け出来るようなら上値切り上げとなり、上昇基調に転換した可能性もあり、75日SMA(緑線)の73.36円が次の目標値となる。ただ、投資判断を変更させるシグナルは、6月7日のようなパターンもあることから、再び25日SMAの71.25円を下抜けるような動きとなると、再び下落基調となりやすい。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー