フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日米金利差縮小傾向継続でドル/円の上値重い!

  • 2019/06/19
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★日米金利差だけがドル/円の反動要因ではないが、連動性が高いことから先々の相場動向の参考となる。

6月19日終了時の日米2年債金利差(赤線)は2.055%日米10年債金利差(青線)は2.187%まで縮小している。

今年に入ってから最大金利差は1月18日の日米2年債金利差は2.786%、1月21日の日米10年債金利差は2.785%が最大だった。

ドル/円はやや持ち直し基調となっているが、このまま日米金利差が縮小するようなら、ドルの失速には警戒しておく必要がある。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー