フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日米金利差とドル/円市場の動向!

  • 2019/05/30
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

日米2年国債金利差(青線)日米10年債金利差(赤線)は、直近4月22日(2年債金利差:2.546%、10年債金利差:2.620%)がピークとなり、その後は金利差が縮小傾向にある。それに伴ってドル/円は上値が重くなり円高基調となってきた。

29日のNY市場では、金利がほぼ横ばいだったことから日米金利差が縮小したことで、ドル/円も下げ止まる展開となっている。

ただ、上値・下値を切り下げる展開となっており、日米金利差の縮小傾向が解消したと判断するには時期尚早となる。

1月3日にフラッシュ・クラッシュが発生し、ドル/円は失速した。その際の日米2年債金利差は2.522%、10年債金利差はは2.557%であったが、現在はそれ以上に日米金利差は縮小している。

 

円安回帰するには、日米金利差拡大が重要ポイントとなる。一方で、米国債金利がさらに低下するようなら、ドル/円の失速の可能性も高まるので注意が必要となる。

日米金利差拡大は、ドル/円相場で円安傾向となりやすいことから、日経平均株価の上昇を支援する材料にもなる。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー