フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 米中貿易摩擦リスク後退も上値の重い展開!

  • 2019/05/10
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、米中貿易摩擦悪化への懸念からリスク回避姿勢が強まり、株価が続落する一方、米国債や円に買い圧力が強まった。株価が下げ渋り米長期金利が低下幅を縮小したことに連れ、リスク回避の円買いの動きも一服となり、ドルに買い戻しが入った。株価はその後も軟調に推移したものの、短期的にやや傾いた円買い・ドル売りポジションを解消する動きが広がり109.91円付近まで反発した。NYダウ先物が再び弱含み、米長期金利も低下幅を広げたため上値の重い展開となった。

 

NYダウが300ドル超下落し、米長期金利が低下したことでリスク回避的な円買い・ドル売りが再開した。その後もNYダウが420ドル超下落したことでリスク回避的な円買いが強まった。ただ、トランプ大統領が『習近平・中国国家主席から書簡を受け取った』『電話会談を実施する可能性がある』『米中合意について素晴らしい代替案がある』など述べるとドル/円や米国株に買い戻しが入った。しかし、米中貿易交渉に関して期待感は浮上したものの、まだ手放しで楽観できる状態ではなく、やや下押した。

 

★欧米市場のポイント

・109.44-91円のレンジ相場

・米経済指標はほぼ予想に近い数字で反応は限定的

・トランプ大統領の発言で米中貿易交渉に関して期待感が浮上

・発言受けNYダウは450ドル超下落から下げ幅縮小

・VIX指数は19.4から19.1へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー