フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

CFTCの円投機筋のネッとドル/円相場!

  • 2019/04/22
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • ホットニュース

 

★CFTCの円投機筋のネットポジションは4月16日付けで円ショート(円売り・ドル買い)は▼87,106枚と2月12日の円ショートとなった。これは、2月12日付けの円ショートのボトムとなる30,742枚から9週連続増となった。

基本的には、投機筋の円ロングポジション(円買い・ドル売り)が増えれば円高になりやすく、円ショートポジションが増加すれば円安になりやすい。そのため、今円ショートポジションが増加していることから、円安基調が継続している。

ただ、投機筋も無限大に円ショートを増加するわけでなく、100,000枚を超えてくると手仕舞い(円買い・ドル売り)の黄色信号が灯る。

直近では昨年12月18日付けに▼102,771枚から12月8日付けの▼88,623枚まで円ショートポジションが縮小した後、1月3日のフラッシュクラッシュでポジションの手仕舞い(円買い・ドル売り)が急加速して1月8日付けでは▼61,314枚となった。その後もポジションの手仕舞いが続き2月12日▼30,410枚まで減少した。

2月12日以降は再び円ショートポジションが増加して円安基調が続いている。

天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位により、今年のゴールデンウィークは10連休となる。もし、それまでに円ショートポジションが100,000枚を超えてくると、再び急速な円高リスクが高まりやすい。ただ、1月3日のフラッシュクラッシュで投機筋も相当痛手を負ったことから、連休前にポジションの手仕舞いをしてくる可能性もあり、今週は円高基調となることには警戒する必要がある。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー