フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分で分かるドル/円欧米市場動向 リスク回避の動きながら底堅い展開!

  • 2019/04/10
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、全般もみ合い商状ながら米長期金利が2.50%台まで低下したことを背景にドルが軟調な展開となった。BBCが『独首相は、アイルランド国境を巡るバックストップ措置に5年の期限を設けることに前向きである』などと報じたことを受け、リスク選好の円売りが優勢になった。しかし、ドイツ政府が否定したことで、クロス円の軟化に伴い下押しした。その後は、ポンド絡みの取引が中心となったため、111.30円前後での小動きとなった。トランプ米政権によるEUから輸入製品110億ドルへの関税導入やIMFが2019年の世界の成長率予想を下方修正したことを受け、NYダウ先物の下落、米長期金利の低下を受けて下げ幅が拡大した。

 

NYダウが一時230ドル超下落したことでリスク回避の円買いが強まったが、米国株が下げ幅を縮めたことが相場の支え要因となり111円台前半まで持ち直した。その後は、200ドル超安のNYダウや2.49%台で低下傾向の米長期金利を受けて上値は重いものの、下値を試すほどの動意は付かなかった。

 

★欧米主要経済指標

・米・2月JOLT求人件数:708.7万件(予想:755万件、1月:762.5万件←758.1万件)

 

★欧米イベント

・110.95-111.37円のレンジ相場

・英国のEU離脱報道を受けポンド相場は錯綜

・IMFが2019年世界経済の成長見通しを下方修正

・トランプ大統領がEUに対して報復関税

・欧米株価の下落を背景にリスク・オフの動き

・VIX指数は13.18から14.28へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー