フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

南アランド/円はじわりとレンジスタンス上抜け!

  • 2019/04/08
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★南アでは、米格付け会社ムーディーズの格付け発表延期を受けて、4月1日週初からランド買いでスタートした。ジャンク債への格下げを目先避けられたことが好感された。南ア財務相は『南アフリカの懸念を改善させるための猶予を与えられた』という見解を出している。また、中国経済指標の改善などもランド買い要因となっている。

南アランド/円の日足では、4月1日に大陽線となる上昇となったものの、100日SMA(黒線)200日SMA(紫線)がレジスタンスとして意識され、なかなか上抜け出来ない状態が続いた。ただ、先週末ではじわりとレジスタンスを上抜けしてきたことから、もう一段の上昇が期待される。

5日SMA(赤線)10日SMA(黄線)も上向きとなっており、短期的には上昇基調が継続している。

上値の目処では、2月5日に260日SMA(茶線)がレジスタンスとなり、その後下落基調となったことから、再び260日SMA8.054円が意識される。

一方下値では、75日SMA(緑線)7.882円25日SMA(青線)7.737円がサポートとして意識される。

 

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%K:88.89、%D:79.74とやや過熱感が出始めているものの、両線と上向きを維持していることから、上向きバイアスが強い。

 

今後の注目点は、100日SMAと200日SMAをしっかり上抜けして、上昇基調が継続するかである。ただ、260日SMA近辺まで上昇すると、ストキャスティクスでもかなり過熱感が出ることになり、一旦の上値目処となりやすい。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー