フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 上値・下値を切り下げる展開!

  • 2019/03/26
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場の朝方の取引では、米長期金利が上昇したことをながめ、ドル買いが先行し底堅く推移した。なお、欧州株は軟調に開始した。欧州株が持ち直し、日経先物も120円高に反発幅を広げる中、ドル/円も上値を伸ばした。ドイツ3月IFO企業景況感指数が横ばい予想に反して上昇したことで、ユーロ買いにつれドル/円も連高となった。その後、上値追いが一巡し、利益確定売りに押される展開となった。米長期金利の上昇幅が低下したことに伴って、上値を切り下げる展開となった。

 

NYダウが反落転換のあと、100ドル超に下げ幅を拡大したことで、リスク回避の円買いが再燃した。NYダウが上げに転じると徐々に下値を切り上げて110円台を回復した。米国株が再びマイナス圏へ沈み、米長期金利が一時2.40%台へ低下するとドル売りが再開した。アジア時間に付けた日通し安値109.71円が目先サポートとして意識されると買い戻しが進んだ。NYダウが再び上げに転じたことも下支え要因となった。

 

★欧米主要経済指標

・独・3月IFO企業景況感指数:99.6(予想:98.5、2月:98.7←98.5)

・米・2月シカゴ連銀全米活動指数:-0.29(予想:-0.38、1月:-0.25←-0.43)
・米・3月ダラス連銀製造業活動指数:8.3(予想:8.9、2月:13.1)

 

★欧米市場のポイント

・109.75-110.24円のレンジ相場

・英EU離脱を巡りメイ政権が混迷

・3月IFO企業景況感指数が予想を上回る

・米長期金利の動向に為替相場が振れる展開

・NYダウが引けにかけて持ち直しが相場の支え

・VIX指数が16.48から16.33へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー