フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 悪材料にもドル底堅い展開!

  • 2019/03/07
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、ドルは堅調地合いを維持しながらも値幅は狭く、全般もみ合い商状となった。なお、欧州株は高安まちまちで取引が開始された。対豪ドルを中心にドル買い圧力が再び高まったことを受けて鈍い動きながらも111.92円まで上昇した。米長期金利が低下幅を縮めたことも下支えとなった。欧州株は高安まちまち、NYダウ先物は小幅安、米長期金利は2.70%台に低下する中、全体的に小動きの展開となった。その後は、NY勢の本格参入を前に値動きの鈍い展開となった。

 

米2月ADP雇用者数が市場予想を下回ったことで、ドルは小幅下落したが、依然として押し目買い強く、底堅い展開となった。米12月貿易収支が10年ぶりの高水準となったため円買い・ドル売りがじわりと強まった。米国株がマイナス圏入り、米長期金利も低下したことで111.59円の日通し安値をつけた。米国株市場の下げ幅が少しずつ広がっていたことも上値の重石となり戻りも限定的だった。

 

★欧米主要経済指標

・経済協力開発機構(OECD)
世界経済見通し、今年を3.3%(昨年11月時点3.5%)、来年を3.4%(同3.5%)に引き下げ

 

・米・2月ADP雇用統計:前月比+18.3万人(予想:+19.0万人、1月:+30万人←+21.3万人)
・米・12月貿易収支:―598億ドル(予想:-579億ドル、11月:―503憶ドル←-493億ドル)

★欧米市場のポイント

・111.59-92円のレンジ相場

・OECDが世界経済の成長見通しを引き下げ

・ECB定例理事会を控えてユーロ売り優勢

・EUが英国との離脱交渉が難航していることを示唆

・米2月ADP雇用統計が予想を下回る

・米12月貿易赤字は予想以上に拡大

・米ベージュブックでは景気判断が下方修正

・VIX指数は14.74から15.74へ上昇

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー