フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

ドル/円の取引するなら100日SMAがポイント!

  • 2019/03/05
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★ドル/円の日足に100日SMA(赤線)200日SMA(青線)260日SMA(緑線)の3本のSMAを引くだけでドル/円の押し目買いポイントが分かりやすい。

100日SMAが2018年4月以降何度もサポートラインとなり、押し目買いのタイミングとなっていた。一方で、100日SMAを下抜けしたら、相場反落のシグナルとなり売り転換するタイミングとなる。

特に100日SMAが200日SMAや260日SMAを上抜けしている時は、上昇局面にあり100日SMAで下止まるポイントとなった。

現在は100日SMAが111.40円、200日SMAが111.35円がほぼ重なっていることから、強力なサポートラインとなりやすい。

緩やかに変動するストキャスティクス・スロー(パラメータ:42、3、3、20、80)は、%K:95.89、%D:96.71とかなり過熱感が出ていることから、調整的な下落が何時発生しても不思議ではない状態となっている。

こういうポイントは、何時終了するか分からないポイントではあるが、現在のところは100日SMAがポイントとなっているので、この節目に近づいたら注視する必要がある。

 

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー