フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

ドル/円の中期トレンドは下向きで急落のリスクも!

  • 2019/02/01
  • 米蔵(ヨネゾウ)

 

★ドル/円の中期トレンドを示す一目均衡表週足では、雲の上下限基準線(青線)と52期間の高低の中心値となる先行スパン2の当日線(灰線)がレジスタンスとなり、1月3日のドル失速以降は上抜け出来ない状態となっている。

転換線5週(茶線:オリジナル線)転換線9週(赤線)は下落基調にあることから、下押し圧力が強まっている。

また、26期間遅行する遅行線(緑線)はロウソク足を下抜け下向きとなっていることや、26期間先の先行スパン1が先行スパン2を下抜けしてきたことから、トレンドに変化が出てきている。

RSI(パラメータ:14、30、70)では節目となる50%を下抜けており、方向的にも下向きとなっていることから円高基調が強いことを示している。

 

中期的トレンドでは、円高方向への圧力が強まってきている。相場の方向を示す基準線が横ばいから下向きになると円高基調が強まる可能性が高いので、警戒する必要がある。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー