フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日経225は戻り売り目線なのか!

  • 2019/01/09
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★日経225は昨年10月2日の高値24,448.07円から12月26日には18,948.58円の安値を付け高値から22.49%の下落率となった。相場では高値から20%超の下落でトレンド転換したとされる。

ただ、下押しした反動で昨今は戻り基調が継続しており、高値から16%下落の20,536.38円に近づいている。

 

相場でV字回復することもあるが、たいていの相場ではトレンド発生後はもみ合い相場となる動きとなりやすい。そのため、二番底や三番底を形成後に反転や再び下落するという動きとなる。10月2日に年初来高値を付けた後に下落トレンドとなり、その後三番底を付けるもみ合い相場後戻りきらずに再び下落した。

 

そう考えると、このまま回復基調が継続するか疑問視される。

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー