フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

5分足で分かるドル/円欧米市場動向 過度なリスク回避後退を好感したドル買い!

  • 2019/01/05
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • NYタイム

 

★欧州市場朝方の取引では、107円台後半に再下落となったことに主導され、ドルが全般的に軟調に取引された。なお、欧州株は堅調に取引を開始した。欧州株が全面高で推移し、NYダウ先物も200ドル超高に上昇幅を広げたことを受け、リスク回避の動きが抑制された。一時300ドル高まで上昇したNYダウ先物を支えに持ち直しの展開となったが、米雇用統計前とあって、その後は108.00円を挟んだもみ合いの展開となった。

 

米12月非農業部門雇用者数が、31.2万人増となり市場予想を大きく上回ったことで、ドル買いの動きが強まった。ただ、失業率が悪化したことで一時失速する場面もあった。NYダウが350ドル高、中国人民銀行による預金準備率引き下げと資金供給増強、好調な米雇用統計などを受け、リスク選好のドル買いが優勢となった。パウエル米FRB議長のハト派発言を受けドル買いが優勢になった。NYダウが一時720ドル超上昇したため、リスク回避姿勢が後退し円売り・ドル買いが優勢になった。その後、シューマー米上院議員(民主党)の『トランプ米大統領は一部政府機関の閉鎖を何カ月も何年も続けるつもり』との発言が伝わり、ドルの反発力をやや弱めた。

 

★欧米主要経済指標

・ユーロ圏・12月消費者物価指数速報値:前年比+1.6%(予想:+1.7%、11月:+2.0%)
・ユーロ圏・12月消費者物価コア指数速報値:前年比+1.0%(予想:+1.0%、11月:+1.0%)
・ユーロ圏・12月サービス業PMI改定値:51.2(予想:51.4、速報値:51.4)
・ユーロ圏・12月総合PMI改定値:51.1(予想:51.3、速報値:51.3)
・独・12月失業率:5.0%(予想:5.0%、11月:5.0%)
・独・12月失業者数:-1.4万人(予想:-1.3万人、11月:-1.6万人)
・英・12月サービス業PMI:51.2(予想:50.7、11月:50.4)
・英・12月総合PMI:51.4(予想:50.8、11月:50.8←50.7)
・英・11月住宅ローン承認件数(中銀):6.37万件(予想:6.6万件、10月:6.67万件←6.71

・米・12月非農業部門雇用者数:前月比+31.2万人(予想:+18.4万人、11月:+17.6万人←+15.5万人)
・米・12月民間部門雇用者数:前月比+30.1万人(予想:+18.5万人、11月:+17.3万人←+16.1万人)
・米・12月平均時給:前月比+0.4%、前年比+3.2%(予想:+0.3%、+3.0%、11月:+0.2%、+3.1%)
・米・12月失業率:3.9%(予想:3.7%、11月:3.7%)
・米・12月労働参加率:63.1%(11月62.9%)
・米・12月不完全雇用率(U6):7.6%(11月7.6%)
・米・12月サービス業PMI改定値:54.4(予想:53.4、速報値:53.4)
・米・12月総合PMI改定値:54.4(速報値:53.6)

 

★欧米市場のポイント

・107.81-108.59円のレンジ相場

・中国人民銀行による預金準備率引き下げを好感

・良好な米12月雇用統計受けドル買い優勢

・パウエル米FRB議長のハト派発言受け一時ドル売り

・米政府機関閉鎖の再開目処立たず

・NYダウは746ドル高、VIX指数は25.45から21.38へ低下

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー